イマドキお灸で、秋に出やすい夏の疲れを癒す&冬の冷え対策

イマドキお灸で、秋に出やすい夏の疲れを癒す&冬の冷え対策

顔のリフトアップやダイエットにも効果が…と、美容面でも話題のお灸。オシャレなパッケージに、香りバリエーションでお灸女子も増加中。そんなお灸の本来の効果を生かした、日々感じる疲れを癒す方法や、来る冬の冷え対策などをご紹介。

Registration

マイレピ登録(無料)で、 総額2,000円以上分の クーポンをもらおう!

今すぐ会員登録

ツボを温めて自然治癒力アップ!

台座灸

ツボの周りをじんわり温めることで血流を良くして、胃腸などの内臓系に働きかけるお灸のチカラ。弱っている機能を改善し、体が本来持つ力を取り戻して自然治癒力を高めてくれます。日常の中で感じる「なんとなくだるい」「スッキリしない」などの不定愁訴の不調にも効果があるといわれています。

上記写真のような、紙に巻いたもぐさに台座がついた「台座灸」は、もぐさに火をつけて乗せる「直接灸」より熱くならず、やけどする心配もないので初心者でも安心。ドラッグストアなどで購入可能。

手軽にできる体のメンテナンスとして注目

かつては鍼灸院で行うイメージの強かったお灸ですが、最近ではアロマの香りがするものや、煙の出ないタイプなどが出てきて、自宅で手軽にできる体のメンテンスとして注目されています。持ち運びやすいことから、旅行に持っていくという人も。婦人科系疾患にも効果があり副作用の心配がないので、不妊治療に取り入れる女性も増えています。もぐさの香りはリラックス効果があるので、寝る前のひととき、お灸タイムを取り入れてはいかかですか?

お灸Tips

・足、腕、肩へのお灸は、体のバランスを取るために左右行いましょう。

・初めてお灸をする場合は、刺激の少ないマイルドやレギュラータイプから始めましょう。

・お灸は熱いと感じたら我慢せずすぐにはずすこと。すぐに熱いと感じるのは元気なツボなので、他のツボを探しましょう。(逆に熱いと感じないのは弱っている証拠。熱いと感じるまで複数回お灸すると良いでしょう)

・お灸の効果を持続させるために、毎日行うと効果的です。入浴直前・直後の30分程度は避けましょう。寝る前に行うのがオススメです。

始めのうちは本に書いてある図を参考にしましょう

指の腹で軽くさすってくぼんだ感覚がある場所がツボになります。ただし、慣れないとツボを探すのは難しく感じることも。始めのうちは本に書いてある図を参考にしましょう。

※注意点
お灸を行うときは必ず換気をして、火の取り扱いに注意。水をはった灰皿などをそばにおいて行いましょう。

ページトップへ

夏の疲れを癒すツボ

秋に入ってもだるさや消化不良などが続いていたら、夏の猛暑で受けた体のダメージがまだ残っているのでは? そんなときこそ体の本来の機能を取り戻す働きのあるお灸でエネルギーチャージ。日々の疲れを癒しましょう!

<日々の疲れを癒すには、このツボ!>

中脘(ちゅうかん)

中脘(ちゅうかん):みぞおち(上腹部の中心のへこんだ部分)とおへその中間に位置するツボ。
食欲不振や消化不良をはじめとする胃の不調や、冷えに効くツボといわれています。あおむけになって確認すると正しい位置が分かります。

陰陵泉(いんりょうせん)

陰陵泉(いんりょうせん):脛(すね)骨の内側に位置するツボ。
脛骨の内側を指でひざのほうへ擦りあげたときにくぼみが感じられる部分。むくみに効くといわれるツボで、陰陵泉を押したときに、足がむくんでいるほど痛みを感じます。

公孫(こうそん)

公孫(こうそん):足の内側にあるツボで、足親指のでっぱりのある骨から直線上にある、少しくぼんだ部分。
軽くさするとくぼみが見つけやすくなります。冷えて弱った胃腸の働きを良くするほか、婦人科系の疾患にも効果があるといわれています。

ページトップへ

冷え対策に効くツボ

冬だけに限らず一年中“冷え”に悩む女性が増えていますが、体を芯から温める働きのあるお灸は、冷えの改善に効果的です。体の冷えは免疫機能の低下につながり、さまざまな病気を引き起こす原因になります。冷えに効果のあるツボを温めて、“冷えない体”を目指しましょう。

<冷え対策には、このツボ!>

関元(かんげん)

関元(かんげん):内くるぶしとアキレス腱の間の少しくぼんでいる部分。
腎臓に働きかけるツボで、刺激することで血のめぐりが良くなり、体を温める効果が期待できます。冷え性改善や生理痛をやわらげてくれる働きがあります。

太谿(たいけい)

太谿(たいけい):脛(すね)骨の内側に位置するツボ。
脛骨の内側を指でひざのほうへ擦りあげたときにくぼみが感じられる部分。むくみに効くといわれるツボで、陰陵泉を押したときに、足がむくんでいるほど痛みを感じます。

大椎(だいつい)

大椎(だいつい):第7頸椎と第1胸椎の間にあるツボ。頭を下げた時に出っ張る大きな骨の上にあるくぼみです。ゾクゾクした寒気や喉痛、頭痛といった風邪の初期症状に効果があります。肩の血流を改善する働きもあるので、首のコリを感じたときにもオススメです。

取材協力

女性限定鍼灸サロン「CALISTA」 院長 CHIHIROさん

女性限定鍼灸サロン「CALISTA」

大学卒業後、TV局アナウンサー、PR会社勤務を経て、CALISTAを設立。TVアナウンサー時代に、不規則な生活が原因で体に不調を感じていた際、祖母のすすめで鍼灸を受け、回復した経験から自ら鍼灸師を目指す。
「CALISTA」は女性限定・個室の鍼灸サロン。東洋医学の理論に基づき、それぞれの体の状態に合わせて、鍼灸・オイルマッサージを織り交ぜたオーダーメイドトリートメントで自然治癒力を高める体づくりをサポート。モダンオリエンタルな空間でリラックスしながら施術を受けられると好評。

http://www.cali.jp/

ページトップへ

  コメントを投稿するには 会員登録またはログインしてください

寒いと肩こりが酷くなるのですが、大椎には一人でお灸はできないですね・・・

  • 報告する

むくみを解消したい。年々ひどくなってきている気がするので・・・

  • 報告する

最近、足の冷えが気になり始めました。 お灸というのは思い浮かばなかったのですが、記事を見て試してみようと思いました。

  • 報告する

お灸、気になるものの未だに未体験でした。

  • 報告する

冷えがひどくて、何をやっても効果がないので、お灸を試してみたいと思いました。

  • 報告する
【数量限定】リフレッシュシリーズ地肌ケアマッサージクリーム現品プレゼント! >チェック!
LOHACOでのお買い物でマイレピポイントが貯まる!/今すぐYahoo! JAPAN ID登録で300ポイント獲得!LOHACOでのお買い物でマイレピポイントが貯まる!/今すぐYahoo! JAPAN ID登録で300ポイント獲得!