MyRepi Logo

オトナ世代に学ぶ、ヘアケアを見直して美髪を作るテクニック

200032

パーマやカラーリングで多彩なヘアスタイルを楽しみながらも、髪の健康が気になっている方は多いのではないでしょうか?基本的なヘアケアで知っておきたいことは、シャンプーの品質や、自分に合った洗髪の回数や方法。毎日のヘアケアを見直して、エイジレスな美髪を目指しましょう。

その髪、洗いすぎでは?

9939-img_1

過度な洗髪は、乾燥やフケの原因につながります。さらに、頭皮が乾燥すると皮脂が過剰に分泌され、かえって髪や頭皮が脂っぽくなることも。健康な髪を保つためには、適度な油分と水分が必要なのです。

髪に理想的な洗い方

9939-img_2

では、理想的なシャンプーの回数はどれくらいでしょうか。その答えは、年齢、生活環境、頭皮や髪の状態、そして季節によって人それぞれです。なぜなら、人によって皮脂や汗の分泌量は異なるほか、スタイリング剤を使用しているなど、コンディションが異なるからです。

ダメージが気になる方は…

髪が乾燥している、ツヤや光沢がない、カラーリングやパーマで傷んでいる…こうした'ダメージヘア'の場合は、毎日のシャンプーは控えたほうがいいかもしれません。しかし、毎日シャンプーしないと生理的に嫌だと感じる方もいれば、シャンプーの爽快感でストレスが緩和される方もいますよね。そんな方は、ダメージヘアをしっかりとケアできるシャンプーとトリートメントを選びましょう。

オイリーヘアの方は…

洗っても頭皮や髪がベタつきやすい方や、スタイリング剤を使用している方は、正しい方法で毎日洗髪を。ベタつきやすい根元はふんわりとボリューミーになり、乾燥しがちな毛先にはツヤと潤いを与えることができます。

How to Shampoo

ブラッシングも大切

9939-img_3

丁寧にブラッシングすることで、髪の汚れをある程度落とすことができます。また、頭皮の血行が良くなり、新陳代謝を促進させることができ、抜け毛防止にもなると言われています。