MyRepi Logo

オトナの男ならこだわりたい老舗ブランドの“究極の白シャツ4選”

オトナの男ならこだわりたい老舗ブランドの“究極の白シャツ4選”

年間を通して着る機会が多く、センスが問われるのがシャツ。中でも白いシャツはシンプルでありながら種類も多く、ブランドごとに特徴があります。そこでオトナの男が持つべき、こだわりのシャツをパーソナルスタイリストの中村龍太さんに紹介してもらいました。

1
オトナの男はシャツで差がつく!

例えば10万円でフォーマルを一式揃えるとき、みなさんならどうしますか? スーツだけにお金をかけすぎていませんか? 実は男の着こなしで最も差が出るのがシャツなんです。私がお勧めする理想的な配分は、スーツに3万円、靴に3万円、シャツとネクタイに4万円。上質なシャツは袖を通した時にすぐ分かります。身体や襟回りのフィット感が良く、見た目の雰囲気がグッと上がります。上質なシャツの条件はコットン100%で長繊維の綿が使われている事。織りが細かく繊細で、光沢がまるで違います。そして色は白で。襟や袖から見える真っ白なシャツは相手に大きな信頼感を与えます。

襟や袖から見える真っ白なシャツは相手に大きな信頼感を与えます

2
スタイリストが選ぶ白シャツ4選
スタイリストが選ぶ白シャツ4選
1イタリア
シャツ一枚でも様になる《フィナモレ》

2イギリス
英国王室御用達の老舗ブランド《ターンブル&アッサー》

3アメリカ
アメリカの歴代大統領も愛した《インディヴィジュアライズドシャツ》

4日本
抜群のコストパフォーマンスを誇る《メーカーズシャツ鎌倉》

3
どうシャツを選べばいい?

オススメのブランドを4つご紹介しましたが、シャツは身体に一番近い服。自分の体型に合ったサイズのものを選ぶのが一番美しく見えます。白シャツは襟や袖の汚れが目立ちがちなので、しっかりと洗濯し、手入れも欠かさないのがお洒落に着こなすポイントです。高級ブランドのシャツは襟や袖を交換可能なものが多いので、長い目で見るとお得かもしれません。いくつかのブランドのシャツを着比べてみて、ぜひ自分に合うブランドを見つけてください。

ぜひ自分に合うブランドを見つけてください