MyRepi Logo

ドッグライターに学ぶ、極上の「ペット旅」

ドッグライターに学ぶ、極上の「ペット旅」

大切な家族の一員である愛犬と一緒に旅に出ませんか? 愛犬と旅行を楽しむためのポイントや知っておきたいマナー、ゆったりと愛犬と向き合って過ごせるペットとの旅の過ごし方をスペシャリストがご紹介します。楽しく優雅な、癒しのひとときを過ごしに。愛犬と共にオトナ旅へ――。

「ペット旅」を楽しむ5つのポイント

1.自分を解放して“リッチなひと時”を味わおう

5466-img02-alt-text

愛犬と共に楽しむ「ペット旅」。特に50代女性にとっての魅力は、日常の家事や仕事から解放されて、優雅で贅沢な“リッチなひと時”を愛犬と共に味わえること。

5466-img03-alt-text

愛犬と普段と違う空気や風景に触れて非日常を味わえば、自分を見つめ直す貴重な機会になるはずです。だからこそ、愛犬にもストレスをかけずゆったりと過ごせる、平日やオフシーズンの旅がオススメです。

2.“愛犬とどう過ごしたいか?”をポイントに宿を選ぼう

5466-img04-alt-text

ペット旅へ行く際は、「ドッグランで思い切り遊ばせたい!」「一緒に自然を満喫したい!」「一緒に部屋でゆっくり過ごしたい!」など、“愛犬とどう過ごしたいのか?”を明確にしたうえで、理想の過ごし方に沿った宿を選ぶのがポイントです。現在はワンちゃんと泊まれる宿を網羅したガイドブックや専用サイトなども、たくさん出ています。ご自身の目的にピッタリの宿を見つけて、忘れられない旅にしましょう。

3.愛犬とのドライブでは2時間に一度は休憩をとろう

5466-img05-alt-text

愛犬とのドライブでのポイントは、長時間の運転は避け、2時間に一度程度は休憩をとること。サービスエリアや公園で、こまめに水をあげたり、風を当てたりすることでワンちゃんもリフレッシュ!
また、事前にドッグランがあるようなサービスエリアを把握しておくとワンちゃんもいい気分転換ができますね。車内でのワンちゃんの座席は、安全のためにはリアシートがお勧め。車酔い予防としては、振動の大きいエンジン部分に近い場所は避けてあげる、風の流れをつくる、食事は出発の2時間前くらいまでに済ませておくなどの対策も。

4.ニオイ付きのお気に入りアイテムを持って行こう!

5466-img06-alt-text

旅先では、普段と違う環境に愛犬が興奮し過ぎたり、神経質になったりすることも。そんな時頼りになるのが、自分のニオイの付いたクッションやオモチャなどのお気に入りアイテム。愛犬を落ち着かせたい時に効果的です。見知らぬ土地だからこそ迷子札も欠かせません。

5466-img07-alt-text

また、大き目のバスタオルやウェットティッシュも、シーツにしたり汚れを拭いたりと何かと便利です。

5.宿では自分のスタイルで愛犬と向き合って過ごそう!

5466-img08-alt-text

自由気ままな「ペット旅」は、宿での楽しみ方も人それぞれ。別荘感覚のヴィラで優雅に過ごすもよし、広々としたドッグランでアクティブに過ごすもよし。ご自分のスタイルで愛犬と向き合い、極上のひと時を過ごしましょう。

一度は泊まりたい!
憧れのペット宿

5466-img09-alt-text

ミリーズラブ(群馬県)
https://www.millilab.jp/

5466-img10-alt-text

志摩地中海村(三重県)
https://www.puebloamigo.jp/

5466-img11-alt-text

湯布院ガーデンホテル(大分県)

クチコミ
室内飼いのわんこ。かわいいけど、どうしても匂いが気になるので欠かせません。わんこ用のベッドにも、人間のソファにもしゅっしゅ!わんこは自分のにおいが消えてしまうせいか、微妙な顔をしてますが、、笑。
> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック