元女性誌編集長に聞く、50代を輝かせるための10のこと

元女性誌編集長に聞く、50代を輝かせるための10のこと

0
最新の脳の研究によると、50代は知識、経験にもとづく判断力、思考力、統率力が最高に達する年齢なのだそうです。新しい人生を始めるには最高のスタート時期といえます!一日でも早く、一日でも長く輝き続けるために、今日からできることについて、元女性誌編集長の櫻井秀勲さんにお伺いしました。

[教えてくれた人]

元女性誌編集長
櫻井秀勲さん

櫻井秀勲さん

今日から始めたい、50代を輝かせるための10のリスト

「50代女性の未来には、すばらしい可能性があります。ぜひその可能性を広げていってほしい。そんな願いを込めて、新しい人生をスタートさせるためにしたいことをリストアップしました。あなたのこれからの人生のヒントになれば幸いです。」


1. 1日1時間、自分のための時間を持つ

1日1時間、自分のための時間を持つ

どんなに忙しい日々でも、一日一時間は自分の好きなことをしましょう。心が癒され、夢へ向かうエネルギーを蓄えることができます。時間があっても、したいことがないという方。自分の本当の声を聞き逃してしまっているのかもしれません。
日常の喧騒から離れて自分だけの時間をつくることで、やりたいことが思い浮かぶかもしれませんよ。
例)本を読む、DVDを見る、アロマのお風呂に入る、ホームエステをする等


2. 自分史をつくる

自分史をつくる

ある年齢になると、自分の生きてきた道を記録しておきたくなるものです。自分を見つめ直すきっかけになりますし、日記をつけたり、写真を撮っておくことで、毎日がとても充実します。
おすすめは、facebookのタイムラインです。時系列で写真も文章も表示してくれ、自分史をまとめられる機能がついていて便利です。ぜひ、活用してみてください。
例)ブログやtwitter、facebookを日記代わりにする、デジカメやビデオを保存しておく等


3. 「忙しい」という口ぐせをやめる

輝きたい!と決心したなら、「忙しい」「疲れた」といったマイナスの言葉はやめましょう。自分で自分を不幸だと言っているようなものです。
「ありがとう」「おかげさまで」といったプラス言葉を使っている人の口元はキリッと締まっており、しわもつきにくいと言われています。自分で自分を幸せだと感じられることが大切なのです。
例)忙しい、と言いたくなったら、「おかげさまで、忙しいですが、すごくありがたいことだと思っています」とプラスに言ってみましょう


4. 家事を家族に任せて出かける

家事を家族に任せて出かける

韓流スターに最も熱中したのは、10代と50代女性だったそうです。それだけお金も時間も自由がきくのでしょう。50代は、それまでの忙しさから解放される時期。 家族がいる場合は、家族に家のことを任せて、気のおけない仲間と食事や旅行に出かけましょう。あなたが家事から解放されるのはもちろん、家族の自立も促され、みんなが幸せになります。


5. 両親に電話をかける

50代でしておきたいことの一つに、親孝行があげられます。「孝行したいときに親はなし」といいますが、まさにその通りでしょう。
親孝行とは、旅行に連れていったり、プレゼントを贈るということではありません。それよりも、なるべく電話をしたり顔をみせること、そばにいる時間をつくること。それが何よりの親孝行になるのではないでしょうか。
例)電話をかける、SNSなどで連絡をとりあう、手料理を教えてもらう等


6. 新しい友達を一人つくる

新しい友達を一人つくる

若々しい人には、いつも新しい友達がいます。新しい友達を増やしていくということは、健康にもつながっています。新しい話題や情報を知ることによって、脳内の細胞が活性化するのです。新しい人間関係は、イキイキした生活の鍵。学生時代の友達など長い友情も大切にしながら、新しい人脈や知識も増やしていくといいでしょう。
例)集まりに積極的に出かける、習い事を始めて仲間をつくる等


7. 人とぬくもりを伝え合う

人は抱きしめられると安心できます。ぬくもりに触れ合うことで、思いやり、優しさ、安心感といった大切なものが伝わるのです。愛する家族やパートナーと手をつないで歩く、懐かしい友人と再会したら思い切ってハグをするなど、大切な人たちともっと触れ合いましょう。
喜びや愛情をダイレクトに伝え合うことで優しい気持ちになり、相手との関係もより豊かなものになります。
例)友達と写真を撮る時に体を寄せ合う、腕を組んで街を歩くなど


8. メイクを一新する

メイクを一新する

いつまでも美しくありたい、女として愛されたいと願うのは当然です。50代は、若々しくいられる人と、そうでない人とはっきり別れる時期。もう一度、新しいメイクを勉強して、見違えるようなあなたをつくりましょう。気持ちも表情も明るく若々しくなり、生き方も変わってくるはずです。
例)口紅を濃い赤から明るいピンクにしてみる、眉毛をしっかり描く等


9. 呼吸法で心身を強くする

呼吸法で心身を強くする

ふとしたことが気になって、気分が落ち込んでしまうことはありませんか?ふさいでしまった気持ちは、体内に気力を充実させる「呼吸法」で吹き飛ばすことができます。全身の「気」が集まるといわれるお腹に力を入れ鍛えることで、心身が温まり、強くなるのです。気力と我慢力の求められるスポーツにチャレンジするのもいいでしょう。
例)ヨガ、太極拳、座禅など「気」を巡らせる運動を始める


10. 女優のように暮らす

女優のように暮らす

女優やタレントは、なぜいつまでも美しく輝いているのでしょうか。中には仕事が少なくなっている人もいます。それでも美しく光っています。「私は女優なのだ」という心の張りが、美しさの期間を延ばしているのでしょう。好きな女優さんがいたら、その人の生活の仕方、生き方を研究し、なりきってみてください。
例)桃井かおりさんのライフスタイルを真似してみる など


「輝く50代」は「輝く髪」と共に!
コンディショナーするだけで、
365日トリートメントしたてのような髪へ
パンテーン トリートメント in コンディショナー エクストラダメージケア
パンテーン
トリートメント in コンディショナー エクストラダメージケア
クチコミ★★★★★
香りがとてもよく、癒されます。トリートメントをあえてしなくても、コンディショナーに入っているので、手軽に使えます。使い心地もとてもよく、髪もしっとりしますよ。
オンラインストアでチェック
  • LOHACO
  • amazon
  •  楽天
※LOHACO のお買い物でマイレピポイントが貯まる!
詳しくはこちら


0

コメントを投稿しよう!(投稿にはログインが必要です。会員でない方は今すぐ登録しよう!)

今、あなたにオススメ

Cookie Consent