夢を実現中!“ポジフィフ”宣言で50代はもっと輝く!【ポジフィフ宣言・当選者インタビュー】[前編]

夢を実現中!“ポジフィフ”宣言で50代はもっと輝く!【ポジフィフ宣言・当選者インタビュー】[前編]

0
50代を前向きに楽しむ女性を応援する“ポジフィフ”キャンペーン。その第一歩となる“ポジフィフ”宣言はもうされましたか?すでに、宣言した目標の実現のために動き出している、ポジフィフ支援金10万円を手にした2人の女性にインタビュー。【前編】

【プロフィール】

山本則子さん(50歳)

出版社にて翻訳小説の編集に携わる。休日の過ごし方は2匹の犬のお世話や旅行、ドライブなど。

山本則子さん

ポジフィフ宣言:保護犬のボランティア活動などを通じて、小さな命の大切さを一人でも多くの人に伝えていきたい。その一歩としてペットのケアに関する資格を取得したい。


ワンちゃんのために資格をとりたい!

ワンちゃんのために資格をとりたい!

—“ポジフィフ”宣言内容を改めて教えてください。

10年ほど前から2匹の犬と暮らしています。そのせいか、ペットや動物に関する情報に触れることが多く、特に、犬の殺処分のニュースやボランティア活動に関心がありました。“不幸なワンちゃんを少しでも減らすお手伝いをしたい!”と思い、動物のケアについて学ぶ「愛玩動物飼養管理士」の資格取得を目指しています。


宣言することで、本気になれた

宣言することで、本気になれた

—宣言の実現に向けて、今どんなことをされていますか?

今ちょうど、資格のスクールに志願するところです。約10ヶ月かけて動物の生態や習性、適切な飼育管理など、ペットや動物に関するいろいろなことを学ぶ予定です。支援金の10万円も、その学費として使わせていただこうと思っています。新しいことを始める時や学ぶ時って、幾つになってもやっぱりワクワクします!

—宣言して、変化を実感したことはありますか?

宣言前は、ボランティアの方にSNSで連絡をとってお友達になったり、保護団体に寄付をしたりと、自分のできることを少しずつやっていました。資格にも興味はあったのですが、なかなか踏み切れていませんでした。でも宣言することで、今年こそやるぞ!資格取るぞ!って真剣になれたと思います。日常生活で「宣言する」ことってあまりないじゃないですか。決意を新たにするいい機会になったなと思います。

今後の目標がクリアになったことで、時間の使い方も考えるようになりました。残業をあまりしないようにして、私生活や、自分の時間を大事にするようになったと思います。


50代は、自分らしさを大切にできる時

50代は、自分らしさを大切にできる時

—宣言を通して、どんな50代を送りたいですか?

目標が定まって、自分の時間をそのためにやりくりできる。“自分らしい生き方”ができるのは50代ならではなのかなと思います。50代って、すごくいい状態だと思います。私の場合は、ちょうど50歳になった頃に“ポジフィフ”を知って、50代をスタートする自分にぴったりだと思って、今回参加しました。

まだ参加されていない方にも、自分の本当にやりたいことを見つめてみるきっかけにしていただけたらいいのかなと思います!


 

0

コメントを投稿しよう!(投稿にはログインが必要です。会員でない方は今すぐ登録しよう!)

今、あなたにオススメ