「赤ちゃん用洗濯洗剤」どう選ぶ?

「赤ちゃん用洗濯洗剤」どう選ぶ?

0

ベビー服や肌着、ガーゼ、タオル、シーツなど、赤ちゃん用衣類を洗濯する洗剤、どのように選んでいますか?かわいい赤ちゃんのお肌に直接ふれるものだから、気持ちよく過ごせるように、お肌にやさしい洗剤で清潔に洗ってあげたいですね。

でも、初めての育児をスタートしたばかりの新生児のママは、「赤ちゃん用の洗濯洗剤ってどう選べばいいかわからない」「大人の衣類と分けて洗わなければいけないの?」など、洗剤選びや洗濯のしかたに迷うこともあるようです。
そこで、赤ちゃん用衣類を洗う洗剤選びや洗濯のしかたなどについて、ポイントや注意点をご紹介します!

Q.赤ちゃんの衣類と大人の衣類、分けて洗うのはナゼ?

A.ホルムアルデヒドなど化学物質の付着や、大人用洗剤による刺激などを避けるためです

大人の新品の衣類には、ホルムアルデヒドなどの化学物質が付着している可能性があります。ホルムアルデヒドとは、衣類の縮みやしわを防ぐために使用される薬品で、お肌が敏感な赤ちゃんがふれると湿疹や炎症の原因になることがあります。この物質は水に溶けやすく、ほかの衣類にうつりやすい性質があるため、赤ちゃんの衣類と大人の衣類は分けて洗うと安心です。

新生児や低月齢の赤ちゃんは、母乳やミルクだけを飲み、ほとんど室内で過ごすため、大人の衣類とは汚れの種類が異なります。大人の衣類は一般的な洗濯洗剤でしっかり洗うことが必要ですが、大人用の洗剤や柔軟剤が、赤ちゃんの敏感なお肌には刺激になることもあります。

また、母乳やミルクの吐き戻し、こまめなおしっこ、うんちなど、新生児や低月齢のときは洗濯物も多くなりがち。ママは1日何回もお洗濯することもあるでしょう。赤ちゃん用の洗濯洗剤で、やさしく、しっかり洗ってあげたいですね。

<ポイント>
  1. 湿疹や炎症の原因になるホルムアルデヒドなどの化学物質の付着を防ぐため、大人の衣類とは分けて洗うと安心です。
  2. 赤ちゃんのお肌に直接ふれるものなので、赤ちゃん用洗濯洗剤でやさしく洗いましょう。

Q.新品の衣類を初めて着せる前にする「水通し」って何?

A.生地をやわらかくし、吸水性をよくするために一度水洗いすることをいいます

新品の衣類には、パリッときれいに見せるためにのりがついていることがあり、それが赤ちゃんのお肌には刺激になることがあります。水洗いすることでのりが取れ、生地がやわらかく肌触りもよくなります。また、吸水性もよくなり、汗やムレを吸収しやすくなるので、赤ちゃんのお肌への負担も少なく、気持ちよく過ごせます。

生後24カ月以内の赤ちゃんや幼児の衣類には、ホルムアルデヒドの使用は厳しく規制されていますが、出荷の途中やお店で販売されるときに、ほかの衣類や家具にふれることで移染することもあります。水通しは「絶対にしなければならない」ことではありませんが、念のため、新生児や低月齢の赤ちゃんに初めて新品の衣類を着せる前にはしておくと安心です。

新品の衣類の場合、汚れているわけではないので、洗剤は使わず水洗いするだけで十分ですが、気になる場合は赤ちゃん用洗濯洗剤を使ってもいいでしょう。洗剤成分が残らないようにしっかりすすぎ、お日様にあてて十分に乾燥させましょう。

乾いたら、たたんで大人の衣類と分けて保管します。大人用の衣類と一緒に収納するときや、新しい収納家具にしまうときは、ビニール袋に入れて保管しましょう。

<ポイント>
  1. 一度水洗いすることで生地がやわらかく吸水性もよくなります。
  2. ほかの衣類や家具からホルムアルデヒドなどの化学物質が移染した場合も、水通しすることで除去できます。
  3. 洗濯機で水洗いし、天日干しでしっかり乾燥させたら、たたんで大人の衣類とは分けて収納しましょう。

Q.赤ちゃん特有の汚れ、しっかり落とすには?

A.汚れたら早めに洗い、うんち汚れはつけ置きしてから洗いましょう

新生児や低月齢の赤ちゃんの衣類の汚れには、おっぱいやミルク、よだれ、汗・皮脂、うんち、おしっこなどによるものがあります。月齢が進むと、離乳食の食べこぼしなどの汚れも加わりますが、大人の皮脂汚れやドロ汚れ、油汚れなどのようなガンコな汚れは少ないでしょう。

そうはいっても、おっぱいやミルク、離乳食の食べこぼしなどのたんぱく汚れは、時間がたつと落ちにくくなるので、なるべく早く洗うことが大切です。また、うんちの汚れはシミになりやすいため、うんちをしたら、かたまりがある場合はまずトイレに流し、水かぬるま湯で手洗いしましょう。それでも落ちない場合は、赤ちゃん用洗濯洗剤を少量溶かした水を入れたバケツに浸け置きし、それから洗濯機で洗うと汚れが落ちやすくなります。

赤ちゃんが感染性胃腸炎などにかかったときに、吐いたものやうんちでおむつや服が汚れた場合は、塩素系漂白剤を薄めた液に浸け置きして消毒した後に、ほかの衣類と分けて洗いましょう。

<ポイント>
  1. おっぱいやミルクなどのたんぱく汚れはなるべく早く洗うことが大切です。
  2. うんち汚れは手でもみ洗いし、落ちない場合は赤ちゃん用洗濯洗剤で、浸け置きしてから洗濯機で洗いましょう。

Q.赤ちゃん用の洗濯洗剤、どう選ぶ?

A.デリケートな赤ちゃんのお肌にやさしく、汚れはしっかり落とせる洗剤を

赤ちゃんのお肌は大人とくらべてとても薄く、敏感なため、乾燥や刺激に弱いものです。そのため、洗濯するときは赤ちゃん用の洗濯洗剤で洗ってあげましょう。デリケートな赤ちゃんのお肌に直接ふれる衣類を洗濯するものなので、必要のない成分は入っていないほうが安心。蛍光剤、漂白剤、着色料は無添加で、やさしく洗える洗剤を選びましょう。

でも、やさしいだけで汚れが落ちなければ、ママとしては満足できないでしょう。赤ちゃん特有のおっぱいやミルクの汚れ、がんこなうんち汚れなどは、しっかり落として清潔に洗い上げる洗浄力にもこだわりたいですね。

赤ちゃんを大切に思うママが、毎日安心して洗濯できるように、「赤ちゃんへのやさしさ」と「汚れをしっかり落とす洗浄力」を兼ね備えた赤ちゃん用洗濯洗剤を選ぶことが大切です。

<ポイント>
  1. 蛍光剤、漂白剤、着色料が無添加でデリケートなお肌にやさしく、汚れはしっかり落とす洗浄力をもつ洗剤を選びましょう。

新生児・赤ちゃんの洗濯洗剤
“やさしさ”も“白さ”も欲しいママには無添加「さらさ」がおススメです!

※「蛍光剤・漂白剤・着色料」が無添加です。

「不要な成分はいらない」、それでも「洗浄力は欲しい!」というお客様の想いに応えて開発されたのが「さらさ」なのです。

●自然由来の洗浄成分ベストミックス

(P&G液体内)

●皮膚科医監修の肌テスト済み

(全ての方の皮膚に影響がないわけではありません。)

赤ちゃんや子どもの肌にやさしい洗剤で洗ってあげたい。
そんな家族思いのママにおすすめの洗剤です。

●しっかり汚れを落とす「洗浄力」がきめて

蛍光剤・漂白剤・着色料は無添加で安心。でも、高活性オーガニック酵素の働きで しっかり汚れを落として真っ白に洗い上げられます。
何度も洗い直しする必要がないので、忙しいママにはうれしいですね。

実際に「さらさ」を使ったママたちの声

赤ちゃんに優しい

2014/01/02
1歳になる息子は生まれた時から肌が弱く色々、洗剤を試しましたが、さらさが一番ヨカッタです。香りもよく洗濯物もゴワつかず柔らかい仕上がりになりました。ママ友もお子さんの肌が弱いのが気になってたのでサラサを薦めたところ現在使用しているみたいで、とてもヨカッタと言っていました。


姫ちゃん専用

2015/05/16
食事に気を遣ってるのに、洗濯洗剤に無神経なのはダメですよね。 洗剤しかり、シャンプーしかり、肌に触れるものもやっぱりなるべく無添加であって欲しいです。しっかり汚れは落ちて欲しいけど、肌に優しい方が良い。矛盾しててなかなか難しい問題です。でも、そんなわがままな気持ちを「さらさ」が叶えてくれました♪発売当初から使ってるけど、オーガニック成分になって超嬉しいです。優しい香りもお気に入り。姫ちゃんズ衣類のお洗濯はずっとsarasaです。


息子が生まれる前から

2016/12/12
出産準備の段階からガーゼや肌着を洗ったりしてました!生まれてからももちろんさらさ!ふんわり仕上がるし匂いも爽やかで使いやすいです。大人も新生児も同じものが使えるのが嬉しいです!

【まとめ】

赤ちゃん用洗剤の選び方、洗濯のしかたなど、参考になったでしょうか?
赤ちゃんの衣類を洗濯するポイントは、「赤ちゃん用洗濯洗剤」を使って大人用衣類と分けて洗うこと。
洗剤は成分をしっかりと確認して、デリケートな赤ちゃんのお肌にやさしい洗濯を心がけましょう。

 

0

コメントを投稿しよう!(投稿にはログインが必要です。会員でない方は今すぐ登録しよう!)

今、あなたにオススメ