発表!オトナ世代が実践している、暮らしの中の“和の心”とは?

200048
0

「お茶」「着物」「お香」など、先人たちから引き継がれてきた日本文化。10、11月の「オトナの知恵の輪」では、「暮らしの中の和の心」というテーマで、たくさんの投稿をいただきました。今回はオトナ世代の皆さんが、暮らしの中で実践している“和の心” を発表します!あなたも是非、風雅な和のひとときを過ごしてみては?

1.和の心を気軽に楽しむ「抹茶」

抹茶を常備しており、ちょっとほっとしたい時にお茶を点てます。おいしい和菓子がある時も。
By kumakichi様

わたしも主人もお抹茶が大好き。簡易的ではありますが、時々2人でお茶を点てるこどが大切な時間の一つになってます。子どもが生まれたので子どもにも教えて一緒にしていきたいと思っているところです。
By いちかママ21様


2.日本の伝統を親子で楽しむ「着物」

着付けの免状修得し25年。娘と着物でお茶をたてて、和を楽しむ贅沢。着物で出かけるのも嬉しい。オリンピックも楽しみ。皆さんも和を楽しみましょうね。
By サブリナの愛様

我が家は新年を着物で迎えます。 身が引き締まり、一年を充実したものにするための大事な家族の行事となっています。 娘は、小学生になったので今秋から着付けを習っています。 自分でスマートに着物や浴衣を着れるのは女性のたしなみ。和の伝統を肌で感じ取って成長して欲しいです。
By ももちゃび様


3.四季を感じ、日本の心を養う「伝統行事」

新年はおせちに初詣。七草粥、ひな祭りの蛤のお吸い物、こどもの日の柏餅に菖蒲湯。 季節ごと、節目節目の行事をちゃんと行うことで、和の心を失わないようにしています。
By Tamagomusume様

季節の行事を大切にすることです。 四季それぞれの美しさがあるのは、日本ならではだと思います。
By komama様

お月見、お花見、お正月。和の伝統的なイベントを取り入れることです。 お彼岸や冬至などは都市なのであまり伝わっていないですが、本やwebなどで情報を得ています。
By こるんらん様


4.気分を癒して暮らしを豊かにする「お香」

日々、疲れた時に、気分良くなりたい時はお気に入りのお香を焚きます。お店で新しい香りをみると嬉しくて、買って香りを楽しむのがお気に入りです。
By めろんかかママ様

お香の香りで気持ちが落ち着きゆったりと過ごせるので日常的に使用しています。 私の影響なのか娘も香りに拘り洗剤やお香、アロマなど楽しんでいます。
By ミツミだいすき様

家にある大量のお茶の葉。100均のアロマポッドを茶香炉代わりにして香りを楽しんでいます。お茶屋さんの香りがしてほっとします。
By 本日晴天なり様


4.先人のセンスに学び、季節を楽しむ「お花・盆栽」

お正月に生花。和室に季節を感じるつづれ織りを。それを見ながら月に2回以上和菓子をいただいています。
By あいりん03様

花屋に勤めているので、季節を感じる鉢物を買うことが多いですね。最近では、赤く紅葉しているミニ盆栽の楓を買いました。
By なっつです様

玄関に、切り花を花瓶へ一輪挿しに挿して季節の雰囲気を感じています。
By ren333様

 
 

0

コメントを投稿しよう!(投稿にはログインが必要です。会員でない方は今すぐ登録しよう!)

今、あなたにオススメ

Cookie Consent