フライパンを長持ちさせる!油汚れすっきり!フライパンの洗い方

120029
0

油がべっとりとついたフライパンがシンクにあったら…。想像しただけでも、洗い物へのモチベーションが下がってしまいますよね。フッ素樹脂がコーティングされたフライパンなどは、洗い方を間違えると加工がはげる恐れもあるので、洗う際にも注意が必要です。

ここでは、洗い物の中でも難易度が高いフライパンの洗い方を、代表的な2つのタイプに分けて紹介します。洗い方次第でフライパンを長持ちさせることもできるので、しっかり覚えておきましょう。

ここがPOINT

  • 種類別の洗い方をチェック!
  • 長持ちさせる洗い方
  • 油の融点をチェック!

フッ素樹脂加工のフライパンの洗い方

表面にフッ素樹脂がコーティングされたフライパンを洗う際は、急激な温度変化に注意が必要です。熱いうちに冷たい水で洗うと、フライパン本体とコーティングの収縮差により表面加工がはがれやすくなり、フライパンの寿命を大幅に縮めてしまうことになりかねません。調理後すぐに洗う際は、お湯で洗いましょう。そうすれば、表面加工がはがれる心配もありませんし、汚れも落ちやすくなるので一石二鳥です。

また、表面に油汚れなどが残っているときは、冷める前に新聞紙やキッチンペーパーで拭き取るか、ゴムベラ(スクレーパー)でこそげ取っておきましょう。こびりついた汚れがあるからといって、たわしなどを使ってしまうと、フッ素樹脂加工を傷つけてしまいます。
浸け置きする場合も、水ではなく食器用洗剤を溶かしたお湯がオススメ。温度が下がっても、洗う際にお湯で予洗いするだけでも汚れがぐっと落ちやすくなります。
洗い終わったフライパンの表面に、水滴ができればきれいになった証です。ただし、水分が残っていると水垢になるので、ふきんなどでしっかりと拭き取ることを忘れずに!

フッ素樹脂加工は高熱に弱いので、火力が強い料理をする場合は鉄製のフライパンを使いましょう。コーティングに余計な負荷がかからないため、フライパンを長持ちさせることができます。

鉄製のフライパンの洗い方

フッ素樹脂がコーティングされたタイプと違い、鉄製のフライパンは急激な温度変化に強いので、火力が強い料理をするのにも向いています。油汚れなども、温かいうちにすぐにたわしで洗っても、コーティングに余計な負荷がかからないため、フライパンを長持ちさせることができます。

鉄製のフライパンの場合は、長く使っているとフライパンの表面に油の膜ができるので、汚れを拭き取って軽く水洗いするだけでも問題ありません。ただし料理の香りなどを残したくない場合は、洗剤を含ませたスポンジで洗いましょう。

油の融点と洗浄力の関係を知って、ラクにお手入れ

【種類によって違う、油の融点】

フライパンの「油汚れ」は、洗い物の中でも特別厄介なもの。でも、実は使用した油の種類によって落としやすい洗い方があるんです。
まずは、油の基本特性をチェック。油には融点(固体が溶けて液体になる時の温度)があり、この融点より低い温度では、油脂汚れは固体状態のギトギト汚れになっています。一方で融点を超えると粘性が低くなり、温度が高くなるにつれて比較的落としやすい汚れになるのです。
使用した油の融点以上の温度の水・お湯で洗うことで、油が落としやすくなります。また、汚れがひどい場合は、いきなり洗い出す前に油を拭き取っておいたり、余裕がある場合は、熱湯をかけることで油汚れの処理が、よりカンタンに。

油汚れに強い洗剤を使えば、フライパンも長持ち!

洗浄成分(界面活性剤)の進化で、油汚れに素早く吸着&するっと落とす!

洗浄成分(界面活性剤)の進化で、油汚れに素早く吸着&するっと落とす!

新処方により、素早く油に作用する界面活性剤が大幅に洗浄力をアップ!洗剤を少量ちょい出しするだけでも、お肉やハンバーグを焼いた後、フライパンにこびりついた油もするっと落としてスッキリと洗い上げます。また、丈夫で豊かな泡が長持ちし、継ぎ足しなしでも高い洗浄力をキープ!!ジョイコンパクトについて詳しくはこちら

まとめ

焦げ付きにくいフッ素樹脂加工のフライパンにしろ、使い込むほどに愛着が湧く鉄製のフライパンも、ちょっとしたひと手間をかけるだけで、使える期間がグッと伸びます。
ここでご紹介している洗い方を参考にして、愛用のフライパンを長持ちさせてくださいね。


油汚れに強い洗剤を使えば、フライパンも長持ち!
ジョイコンパクト フレッシュライチの香り
ジョイコンパクト フレッシュライチの香り
オンラインストアでチェック
  • LOHACO
  • amazon
  • 楽天
0

コメントを投稿しよう!(投稿にはログインが必要です。会員でない方は今すぐ登録しよう!)

今、あなたにオススメ