MyRepi Logo
みんなで参加する東京2020オリンピック!!

待っているだけなんてもったいない!ぜひ、あなたも参加しよう‼
みんなで参加する東京2020オリンピック!!


環境に対する取り組みとしてP&Gは、東京2020オリンピック組織委員会の主催する「みんなの表彰台プロジェクト」に協力しています。「ママの公式スポンサー」熱血応援リーダーである松岡修造さんに、「みんなの表彰台プロジェクト」の取り組みへの感想と、いよいよはじまる東京2020オリンピックへの熱い思いを語っていただきました!



プラスチック空き容器から表彰台をつくる 「みんなの表彰台プロジェクト」

みんなの「思い」がオリンピックの表彰台になる

みんなの「思い」がオリンピックの表彰台になる

プラスチックをリサイクルすることも、オリンピックへのひとつの参加だと思います。この「みんなの表彰台プロジェクト」では、みなさんの「思い」があの表彰台になり、選手はその「思い」がこもった表彰台に立てるということですね。選手のハレ舞台である表彰台に、みなさんが関わることができるのは素晴らしいことです。選手にとっても、表彰台にあがることは人生が変わるほどの大きな出来事ですから。今回のプロジェクトは「リサイクル」ですが、ある意味では、選手もこの表彰台にあがることで、新しい思いを胸に、新しい自分に生まれ変わっていくきっかけになるような気がします。このプロジェクトには、みなさんや選手の思いを共有できる大きな力が含まれていると思います。

東京2020オリンピックは全ての人が参加する自分ピック

僕は、東京2020オリンピックは、すべての人が参加するオリンピックだと思っています。東京での開催が決まった2013年から、僕は勝手に「自分ピック」と呼んでいるのですが、一人ひとりが2020年に向けて、何か目標を持ち、その目標に向けて頑張ることができれば、日本中が前向きな空気に包まれると思うんです。オリンピックがやってくるのをただ待つだけなんてもったいない!「みんなで参加しよう」ということを伝えていくことは、僕の使命だと思っています。オリンピックで頑張るのは選手だけではありません。自分を高める絶好のチャンス!ぜひ、みなさんも一緒にオリンピックに参加しましょう!!

チケットをもらえるなら僕は100%開会式を選ぶ

チケットをもらえるなら僕は100%開会式を選ぶ

開会式についてですが、僕は「チケットを一枚くれる」といったら100%開会式を選びますね(笑)。それは、「これがオリンピックだ」というものが体感できるイベントの一つだから。世界各国の代表選手たちが東京というひとつの場所で行進しているんです。しかも世界中の見ている人が「オリンピックに参加して、おめでとう!」という思いを伝えている。開会式は「今から戦うぞ」ではなく、まず先に、「おめでとう!」が集まる感覚があるんです。だから、選手も、見ている人も全員が笑顔になる場所だと思います。

閉会式はまた違います。まず心に浮かぶのは「終わってほしくない」という感覚ですね。そして、「僕らはこの2週間でとてつもない体験をした」「この2週間を一生忘れないでおこう!」というようなメッセージも含まれています。

開会式と閉会式ともに、海外とは違った日本の文化や「心のおもてなし」が世界に発信されるのも、見どころのひとつだと思います。