【今だけ一般公開中】第24回:今語る、平昌冬季オリンピック

【今だけ一般公開中】第24回:今語る、平昌冬季オリンピック

0
201711月、公式練習中に大きな怪我をした羽生選手。平昌オリンピックまで3ヶ月後に迫ったタイミングでした。その逆境を乗り越え平昌冬季オリンピックでは66年ぶりの2連覇を果たしました。羽生選手は、あの時どのように感じ、考えていたのでしょうか。インタビューで伺いました。

「大丈夫だから、安心して」という気持ちでオリンピックを迎えました

今回は怪我があったので、皆さんが心配しながら待ってくれる、心配しながら応援してくれるという気持ちがひしひしと伝わってきました。オリンピックの会場に入った時は、応援してくれるみなさんに、「みんな大丈夫だから安心して」という気持ちでいました。そして、「みんなが心配してくれている気持ちも全部受けとめて、ちゃんと帰ってきたよ」という気持ちで滑れたらなと思っていました。

オリンピックに入るまでの3ヶ月はとても苦しいものでしたが、オリンピックの会場に入るまでに「ここまではやりたい」という具体的なゴールを決めていたんです。自分が決めたゴールさえ達成できれば、オリンピックで勝てるって完全に信じ込んで練習していました。
そのゴールを達成できたのは、平昌に向かう前日の最終練習のときでした。だから、会場に入ったときは、「自分は勝てる準備ができた」という感覚でした。

二度と戻らない瞬間を記憶に残そうと思ったフリーのステップ

 オリンピックの演技の中で、一番印象に残っているのは、フリーの最後のステップです。あのときには「このオリンピックは勝てた」という感覚になっていたので、喜びを爆発させて滑っていました。その前の3回転ルッツで、変な方向に飛んでしまって転んでもおかしくなかったのに、持ちこたえたんですよ。転ばなかった自分が可笑しく思えてきて、そこから完全に素の自分になっていました。
本当は演技ってある意味では魅せなきゃいけないので、自分一人の幸せで完結していいものだとは思っていないんです。僕がフリーを演じた「SEIMEI」の安倍晴明は、ミステリアスで、底知れない器の大きさがある人というイメージなんですけど、最後のステップは完全に素の自分になって「僕、単純に喜んでるぞ」みたいな感じになっちゃっていました(笑)。
でもあの瞬間は、それはそれでよかったのかなと思います。このオリンピックでしか味わえない悦びって言うものを、ちゃんと感じて、ちゃんと記憶に残しておきたいなって思ったんですよね。自分の人生これから何十年とまだあると思うけど、二度と戻らない瞬間なのでちゃんと記憶に残して、心から楽しみたいなと思いました。

表彰台に上がったときが、一番「自由」だと感じる瞬間

 一番幸せを感じた瞬間は、やっぱり表彰台に上ったときです。金メダルの場所に立つ時、どこにも足をつかないでいっぺんに両足でダンっ!て上るのはいつも決めているんです。この瞬間を自分の記憶に残したいという想いもあります。ちなみに今回は、興奮してアドレナリンが出ているので足の痛みは全く感じませんでした(笑)。
表彰台に上がったときが、「一番、今が自由だ」と感じた瞬間でした。結果が全てのスポーツの世界の中で、今まで自分が頑張ってきたことが証明できたと思いました。自分が一位で、一番いい演技をして、何も語らなくても誰にも侵されない領域に自分は立っているんだという感覚でした。それを自分の中で「自由だ」と感じて、とても幸せな瞬間でした。

ママの公式スポンサー P&Gの想い

P&Gは「ママの公式スポンサー」(海外では「Thank you, Mom」)というテーマで、オリンピックを応援し続けています。ロンドン2012オリンピックから、ソチ2014冬季オリンピック、リオ2016オリンピック、平昌2018冬季オリンピック、そして2020年の東京オリンピックまで、P&Gはこのテーマを世界中で伝え続けていきます。

オリンピックは、選手の活躍によって生まれる感動だけでなく、選手とその選手を子どものころからずっと支え続けてきた家族とのつながりを強く感じられる機会でもあります。そんな彼らの絆に触れることで、世界中の人々にも自分のママや家族の大切さ、感謝の気持ちに改めて気づいてほしい。このテーマには、P&Gのそんな願いが込められています。

0

コメントを投稿しよう!(投稿にはログインが必要です。会員でない方は今すぐ登録しよう!)

今、あなたにオススメ