×

癒しのある生活!プランツコーディネーターが案内する、植物のある暮らし

otona-article-160803

木々の緑を見るだけで、ほっと気持ちが安らぐ…植物には不思議な力があるようです。植物や土と触れ合う暮らしを始めてみましょう。植物が私たちにもたらしてくれる豊かな時間やパワー、緑を取り入れ、上手に付き合い、心地よく暮らしていくためのポイントを、プランツコーディネーターの木咲 豊(きざき ゆたか)さんにお伺いしました。

空間が心地よく、自然とつながる暮らし

植物はいつも、自然のペースで生きています。今、世の中のスピードはとても早いですよね。植物は、触れ合った人を少しだけ立ち止まらせてくれます。それが安らぎや癒しにつながるのでしょう。また、どんな時もありのままで生きる植物は、自然本来が持つ強さもくれます。どんな小さな部屋でも、そこにひと鉢の植物があるだけで、自然とつながることができて、地球の一部であることを感じることができる。そうするといろいろなことに感謝する気持ちが生まれて、やさしい気持ちで過ごすことができると思います。ぜひ、気軽に、自由に、植物と遊ぶような気持ちで、緑のある暮らしを始めてみてください。

葉の形、花の色…心惹かれるひと鉢を

植物を育ててみたいと思ってお店に行っても、どんな植物を選べばいいのか迷ってしまう方もいるかもしれません。そんな時は、「葉の形が可愛い」「花の色が素敵」「なぜかわからないけど気になる」など、見た目で選んでみてください。そうやって手にいれた植物であれば、大切に育てたいと感じ、日々のお世話も楽しくできると思います。育て方はお店の人にアドバイスをもらいましょう。

葉の形、花の色…心惹かれるひと鉢を




imag-set-1

植物の“波長”に合わせて育てる

きちんと水をあげているのに、なんだか元気がないということがあるかもしれません。植物に必要な水や光の量などは、季節や天気によって変動します。大切なのは、植物の“波長”を感じてあげること。植物は動物のように声を発しませんが、とても繊細なサインを発しています。例えば、葉が黄みを帯びている時は光が足りないサイン、新芽が曲がっている時は根詰まりを起こしている可能性があります。日々観察し、世話をしていくうちに、波長がわかり、次第に合ってくるようになりますよ。

植物の“波長”に合わせて育てる



5457-img05

植物の周りを、とっておきの空間にする

心惹かれる植物を選んだら、鉢はお気に入りの器や受け皿にうつしかえてあげましょう。キレイな石やアクセサリーのモチーフなど、好きなものを添えてみるのもいいですね。買いに行かなくても、自宅に今あるものでOK。植物の周りがプラスの空間になって、いっそう世話をするのが楽しくなりますよ。あなたが心地いいと感じていることは、植物にも伝わり、植物も元気に心地よく育ってくれるとい効果もあります。

植物の周りを、とっておきの空間にする


5457-img07

もし、緑を枯らしてしまっても落ち込まないでください。好きな植物と触れ合ったことが経験となり、次第に育てるコツが身についていきます。ご自身のペースで、気に入ったひと鉢から始まる緑との暮らしを楽しんでください。




記事カテゴリー

サイトTOP