MyRepi Logo

Tシャツを手洗いできれいにする方法

Tシャツを手洗いできれいにする方法

デイリーアイテムとはいえ、お気に入りのTシャツの首回りが伸びてきたり、型くずれしてしまうとちょっとブルーな気分に…。型くずれさせたくない大切なTシャツは、洗濯機で洗えるからと、洗濯槽内にポイッとほりこまず、手洗いがオススメです。手洗いでも、キレイに仕上げられる方法をチェック!

大切なTシャツを長持ちさせたいなら手洗いを

10017-01-alt-text

綿100%のTシャツは、通常洗濯機で洗えますが、洗濯機の撹拌(かくはん)でねじれてしまったり、衣類同士がこすれてしまったりすると、どうしても傷みや変形を招いてしまいます。洗濯機OKマークがついていても、大切なTシャツや、色柄や装飾を長持ちさせたいものは、おしゃれ着用洗剤を使って手洗いした方が無難です。

形やラインを長持ちさせたいなら、洗濯後にも注意が必要。厚手のTシャツや長袖のTシャツは、干す時に肩の線が崩れることがあります。クリーニングから戻ってきた時に衣類がかかっている針金ハンガーに、タオルを巻き付けて使うといいでしょう。

クリーニングに出したようにパリッとさせたいなら、形を整えながらアイロンをかけるのがオススメです。 また、Tシャツが少しだれてきて、そのまま着るのはちょっと…という感じた時も、アイロンをかけてみましょう。そで口のたるみや首回りなどがしっかりします。スプレーのりを軽くかけてもかまいません。部屋着にする前にお試しを。

覚えておきたい!代表的な手洗い方法とそのコツ

10017-02-alt-text

<つけ置き洗い>

濃い洗浄液に長い間つけこみ、汚れをしっかりと落とす方法。洗濯絵表示に従い、洗剤と一緒に漂白剤を使用してもOKです。

<押し洗い>

ウール製のものを洗うのに適しています。洗面器や洗濯おけなどにぬるま湯を入れ、洗剤を溶かしていれた中に洗濯物をつけます。衣類がつかった状態で、手のひらでやさしく上から押してあげましょう。繊維の縮みを起こすことなく、汚れを落とすことができます。あまり繊維に力を入れないように軽く押すのがコツです。

<ふり洗い>

洗浄液の中で衣類をつかんで振るように洗う洗い方です。衣類が伸びないようあまり力を入れず、軽く水の中で振ってあげるのがコツです。

<もみ洗い>

ガンコな泥汚れなどに適しています。つけ置き洗いの前に事前に洗浄液をつけ、指の腹で軽くもんであげましょう。この時、こすり合わせないように注意。

<つまみ洗い>

固形物がついた汚れやシミなど、全体を洗うのではなく一部を洗うのに適しています。直接液体洗剤をつけ、つまむようにギュッと洗います。この時こすらないように注意。汚れが広がってしまいます。

クチコミ
土日は、スポーツしたあとの洗濯が多いのですがこちらを使用したら汚れも落ち、なんといっても匂いが継続します。アリエールの中でも一番好きです。
> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック

クチコミ
とにかく毎日使ってます。短時間でもよく落ちる。匂いもきつくない。毎日のことなので気持ちよく使えるのが一番です
> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック

クチコミ
毎日のお洗濯に使って居ます。 容器も素敵で使う時に気持ちが明るくなります。 色々の洗剤の容器と並べて居ますがいつも花柄の容器が素敵です。
> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック