寿命を延ばす!デニムジーンズの洗い方・洗濯方法

120040
0

「ジーンズは洗わない方がいい」という説もありますが、目には見えにくくても、実は汚れやすいアイテムです。ジーンズの洗濯に抵抗がない方は、定期的に洗濯しておきましょう。その際の注意点や色落ちなど、気になる点をしっかりチェックすることは忘れずに!

ジーンズの寿命を伸ばすためにも定期的に洗濯を

一般的に、ジーンズを洗う頻度は低いようですが、綿素材で吸水性に優れており、着用すると皮脂や汗が付着しやすいため、汚れを避けることはできません。汚れは菌の栄養となり、ニオイや生地の傷みの原因に。また、汚れがヒドくなると落とすのが難しくなります。ジーンズの寿命を長く保ちたいなら、定期的に洗濯をした方がいいでしょう。どうしても洗う回数を減らしたいという方は、布用除菌・消臭スプレーをこまめに使って清潔さを保ってください。

ジーンズの洗濯に抵抗がない方は、普通に洗濯機で洗っても問題ありません。ただし、ボタンやホックは止め、ファスナーはしっかり閉めておきましょう。開いたままだと、他の衣類に引っかかって傷つける恐れがあります。

また、ジーンズはパンツの中でも厚手で、水分をよく吸うため、乾きにくいのが難点。天気の悪い日や室内で干すなら、脱水の時間を通常より1〜2分長めにして水分を飛ばすといいでしょう。干す時は裏返したまま、ピンチハンガーに筒状に吊るすと速く乾きます。すすぎの仕上げには、柔軟剤を使うと着用しやすくなります。


気をつけたい!ジーンズの色落ち

<事前に色落ちするかどうかをチェック>

ジーンズなどデニム素材を洗う時に最も気をつけたいのが色落ちです。特に新しいものは色落ちしやすいので、事前に目立たない部分に洗剤を付け、5分後に白いタオルなどで押さえてみましょう。色が移るようなら、他のものと分けて洗います。

<漂白剤入りの洗剤を使わない>

色落ちしてしまうと、どうしてもジーンズの元々の風合いが失われてしまいます。できるだけ色落ちを避けて長持ちさせたいなら、漂白剤や蛍光剤入りの洗剤は使わないこと。できれば、おしゃれ着用洗剤を使う方がベターです。繊維の縮みも最低限に押さえられます。洗濯機に入れる時は、裏向けにして洗濯ネットに入れましょう。

<他の衣類に色移りしてしまった時は…?>

他の衣類に色移りしてしまった場合、白物で「エンソサラシ不可」マークが付いていなければ、塩素系漂白剤である程度は落とすことが可能です。色柄物の場合は落とすことが難しいようです。淡い色の衣類についてしまった場合は、シミ抜き専門のクリーニング店に持って行きましょう。


おしゃれ着をおうちで洗いたいときに
ボールド 香りのおしゃれ着洗剤
ボールド 香りのおしゃれ着洗剤
オンラインストアでチェック
  • LOHACO
  • amazon
  • 楽天

香りでごまかさない本格消臭
レノア本格消臭 フレッシュグリーンの香り
レノア本格消臭 フレッシュグリーンの香り
オンラインストアでチェック
  • LOHACO
  • amazon
  • 楽天

部屋干しの洗濯物にシュッシュッ!消臭+除菌パワーをプラス!
ファブリーズ ダブル除菌
ファブリーズ ダブル除菌
オンラインストアでチェック
  • LOHACO
  • amazon
  • 楽天
0

コメントを投稿しよう!(投稿にはログインが必要です。会員でない方は今すぐ登録しよう!)

今、あなたにオススメ

Cookie Consent