MyRepi Logo

泥汚れも落とせる!スニーカーの洗い方・洗濯方法

泥汚れも落とせる!スニーカーの洗い方・洗濯方法

泥汚れなどがこびりついて、洗う手間を考えると、ついつい放置しがちなスニーカーのお手入れ。でも、他の衣類などと同じで、準備と順序とコツさえつかめば意外と簡単なもの。面倒なスニーカーの泥汚れ落としも気軽にチャレンジしたくなる洗い方をご紹介します。

泥汚れさえスッキリ落とせば、スニーカーはいつもキレイ

日常生活やスポーツ時など、いつも泥やほこりまみれになることの多いスニーカー。布製の場合、汚れが固まってこびりついてしまいがちですよね。泥汚れには、アスファルトの油など、様々な成分が混じっていて落ちにくく、頑固な汚れになりがちなので、できるだけこまめにお手入れを心がけましょう! 泥そのものは水に溶けない不溶性の汚れなので、繊維の中に入り込んだ汚れをしっかりかき出せば、新品と同じような白さを取り戻せるはずです。

<準備するもの>スニーカーを洗うのに使う道具6つ

基本の3点セット

  • 固形石けん

  • 重曹

  • スニーカー洗い用ブラシ(たわしに柄がついたもの)

プラスαでスッキリ!おウチにある道具

  • 歯ブラシ

  • シミみ抜きブラシ(または硬い歯ブラシ)

  • ヘラ(またはスプーン)

<布製スニーカーの基本の洗い方>

スニーカーの洗い方の流れは簡単!

  • 乾いた状態で出来る限りの汚れを取り除く

    (紐とインソールは外しておく。こちらはお湯につけながらやさしくもみ洗いでOK)

  • 石けんの泡&重曹をつけて道具を使ってこすっていく

  • ヘラやスプーンで泡&汚れをこそいで、ブラシで水洗い

  • 乾燥

<How to>

  • 表面の汚れは手ではたいて取り、繊維の奥に入り込んだ汚れは歯ブラシでこすって取る。

  • 水に濡らしたシミ抜きブラシで固形石けんを泡立て、汚れの上に直接つけて、さらにその部分に重曹をふりかけ、水に濡らしたスニーカー用ブラシでこする。再びシミ抜きブラシで、固形石けんを泡立て、汚れを繰り返しかき出す。

  • 2でかき出した汚れをヘラでこそげ取り、スニーカー用ブラシでこすりながら水洗いをする。

  • しっかり乾燥させて完了。


次ページでは、押さえておきたい! お気に入りスニーカーを長持ちさせるヒントをご紹介!

クチコミ
新容器で使いやすくなりました。旦那本人も靴下を脱いだら、逃げたくなるほどの臭いに、アリエールは良い働きをしてくれます。家族全員からありがとうといいたいです!!
> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック