ストール、マフラー、手袋の洗い方

120058
0

冬場の防寒アイテムとして欠かせないストール・マフラー・手袋。どれも肌に直接つける上、着脱の頻度も高いので、気付かないうちに皮脂や手垢がつきやすく、すぐに汚れてしまいます。さらに、ストールやマフラーは首元に巻くので、ファンデーションや口紅がついてしまうことも。

こうした、冬の防寒小物類も常に清潔に保てるよう、お洗濯方法や干し方をマスターしておきましょう!

洗い方・干し方のポイントを押さえれば失敗しらずに!

まずは洗えるかどうかを取り扱い絵表示でチェック!

マフラー・ストール・手袋の素材によっては、残念ながらおうち洗いができないものも。取り扱い絵表示をチェックして、洗濯機マークや手洗いマークがついているものなら洗濯できますが、水洗い不可のマークがついている場合は、縮みや色落ちの可能性が。クリーニング店に相談して、プロの手にまかせるようにしましょう。

洗濯を失敗しないために準備するものは?

  • おしゃれ着用洗剤

    色落ちや型崩れがしにくい中性の液体洗剤のおしゃれ着用洗剤なら、ドライマークがついている素材でも洗濯できます。

  • 柔軟剤

    直接肌に触れるものなので、柔軟剤でふんわりと仕上げるのがおすすめです。首元に巻くマフラーやストールは、好きな香りにもこだわって選んでみましょう。

  • 洗濯ネット

    洗濯機で洗う場合は、洗濯ネットが必須。洗濯機の中で擦れたり、ほつれたりするトラブルを防ぎます。


<POINT>

色落ちがしにくいおしゃれ着用洗剤ですが、あらかじめ色落ちテストをしておくと安心です。目立たない部分におしゃれ着用洗剤の原液をつけ、5分前後放置したのち、ティッシュや白い布で押さえます。色移りがしなければ、色落ちの心配はないでしょう。

これが正解!洗濯機を使った洗い方

取り扱い絵表示で洗濯機マークがついているものはもちろん、手洗いマークがついているものでも、洗濯機に手洗いコースなどの弱水流設定があれば、洗濯機での洗濯が可能です。
この時、必ず、洗うものの大きさに合わせた洗濯ネットに入れて洗います。フリンジがついているマフラーやストールは、フリンジ部分が絡まりやすいので、内側に折りたたんでから洗濯ネットに入れましょう。


<POINT>

脱水は短めに設定し、終わったらすぐに取り出して、たたんだ状態でパンパン叩いてシワを取り除きましょう。

洗濯機で洗うのはやっぱり心配という方に!


おしゃれ着やデリケートな衣類をおうちで洗いたいときに
ボールド 香りのおしゃれ着洗剤
オンラインストアでチェック
  • LOHACO
  • amazon
  • 楽天

柔軟剤でふんわり仕上げ!好きな香りで気分もあがる!
レノアハピネス フルーティカクテル&フラワーの香り
レノアハピネス フルーティカクテル&フラワーの香り
オンラインストアでチェック
  • LOHACO
  • amazon
  • 楽天
0

コメントを投稿しよう!(投稿にはログインが必要です。会員でない方は今すぐ登録しよう!)

今、あなたにオススメ