×

血液のシミの落とし方

血液のシミの落とし方

「家事の最中に切り傷などで付けてしまった」「子供が転んだ時に付いてしまった」というように、血液のシミが衣服に付いてしまうことってありますよね。

血液のシミ=落ちないと思いがちですが、素早く正しい処理を行えばキレイに落とせるので、そのコツをご紹介しましょう。

<目次>

  1. 血液が付いた時は、どうしたらいい?

  2. シミを取る時の注意点は?

  3. 水洗いできない時は応急処置を

  4. 水洗いで取れないシミの対処法

  5. 頑固な血液のシミは、漂白剤を試して!

血液が付いたら、すぐに水洗いするのが正解!

10036-img01-alt-text

血液に限らず、シミが付いた時は、長時間放置しないことがキレイに落とす大前提。特に血液のシミは、血液中のたんぱく質が化学変化を起こして酸化し、時間が経つほど落ちにくくなります。

まずは洗濯絵表示をチェック。水洗いOKか洗濯機マークが付いていれば、すぐに水洗いを。早めに処置すれば簡単に落とせます。

シミを取る時の注意点は?

この時注意したいのは、必ず30℃以下のぬるま湯か水を使うこと。

通常の洗濯では、お湯を使うと洗浄効果が高まりますが、たんぱく質はお湯で固まる性質があるので、かえって シミを進行させてしまいます。30℃の目安は自分の体温より低く感じる程度です。

では、具体的な方法を見ていきましょう。

血液のシミの落とし方

水洗いできない時は、とりあえずの応急処置を

  • 水洗いできる場合は、すぐに水で洗えば落とせます。

  • 外出先などで水洗いできない場合は、まず乾いた布かティッシュで血液の水分を拭き取り、その後、濡らしたハンカチ などで何度も軽く叩いて汚れを移し取ります。



水洗いで取れないシミは、普通のシミ抜きと同じ要領で

水洗いしても取れない血液のシミは、基本的なシミ抜きと作業は同じです。ただし、お湯ではなく水を使いましょう!

通常は、液体洗剤を汚れの部分に直接塗布してしばらく置くか、つまむように洗えば落とせます。汚れが落ちたら、他の洗濯物と一緒に洗いましょう。


頑固な血液のシミは、漂白剤を試して!

血液が付いてしまってから時間が経ってしまった場合などで、液体洗剤でも落とせない場合は、酸素系液体漂白剤を試してみましょう。

まず、もみ洗いやつけ置き洗いで、できる限りシミを落とした後、シミの部分に漂白剤をなじませ、しばらくしてからすすぎます。


この記事を読んだ人にはこちらの記事もおすすめ!

頑固なシミとニオイにさようなら!漂白剤の種類・特徴・正しい使い方

最新の取扱い絵表示(洗濯表示マーク)の意味と読み方で知る正しい洗濯方法

カーテンのカビをきれいにする方法

クチコミ
とにかく毎日使ってます。短時間でもよく落ちる。匂いもきつくない。毎日のことなので気持ちよく使えるのが一番です
> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック

記事カテゴリー

サイトTOP