漂白剤を上手に使って頑固なシミとニオイにさようなら

120068
0

頑固なシミやニオイを取り除いてくれる漂白剤。愛用している方も多いと思いますが、いろんな種類があって何を選べば良いのか迷った経験はありませんか? それぞれに合った正しい使い方をしないと、衣類にダメージを与えてしまうことも。そこで、漂白剤の種類とその特徴、正しい使い方をご紹介します。

漂白剤と洗剤、汚れを落とす仕組みは全く違う!

漂白剤も洗剤も、衣類の汚れをきれいに取り除いてくれますが、その方法は全く異なります。

  • 洗剤は、界面活性剤という主成分が汚れに吸着して取り除く。
  • 漂白剤は、色素に化学反応を起こして分解することで、汚れやシミを除去。従って、洗剤では落としきれなかった汚れやシミでも、漂白剤でなら落とすことが可能な場合が多いのです。

漂白剤の種類はこんなにあった!

ひと口に漂白剤といっても、その種類はさまざま。まずは、どんな漂白剤があるのか、それぞれの特徴と併せて理解しておきましょう。実際に使用する時には、それぞれの使用量を守って使うことが重要です。

  • 塩素系漂白剤(液体)

    アルカリ性の漂白剤。強い漂白力があり、高い除菌・抗菌・防臭効果を発揮しますが、生地の染料まで分解してしまうため、色柄物には使用できません。また、塩素が残ると繊維を傷めてしまうことがあるので、毛・絹・ナイロン・アセテート・ポリウレタンといった素材のほか、水洗い不可、エンソサラシ不可のマーク表示がある衣類には使用できません。

    また、長時間の浸け置きをしておくと、ワイシャツの襟や袖が黄色くなることがあるので注意!

    <POINT>

    塩素系漂白剤は、キッチンやバスルームの黒ずみやカビの除去にも適しています。ただし、取り扱いには注意が必要。酸性の液体と混ざると、有毒な塩素ガスを発生するため、酸性の洗剤などと混ぜて使うことは危険です。

  • 酸素系漂白剤(粉末)

    弱アルカリ性の漂白剤。塩素系漂白剤に比べ、効果は弱まりますが、色柄物にも使えます。ただし毛・絹素材や水洗い不可の衣類には使用できません。

  • 酸素系漂白剤(液体)

    弱酸性の漂白剤。粉末と同じく色柄物にも使用できるほか、毛・絹素材にも使用できます。水洗い不可の衣類には使用できません。

  • 還元型漂白剤(粉末)

    弱アルカリ性の漂白剤。鉄サビの汚れや、鉄分を含む水でできた黄ばみを落とすことができます。色柄物や水洗い不可の衣類には使用できません。

    <POINT>

    還元型漂白剤に対し、塩素系と酸素系漂白剤を総称して酸化型漂白剤と言います。「酸化型」は物質に酸素を与えることで、「還元型」は物質から酸素を奪うことで色素を取り除きます。一般家庭の洗濯で使われているのは、酸化型が大多数ですが、還元型は、鉄サビの汚れなど、酸化型では落とせない汚れを落とすことができます。

W漂白剤配合で超頑固汚れも強力洗浄&除菌!
アリエール サイエンスプラス7
アリエール サイエンスプラス7
オンラインストアでチェック
  • LOHACO
  • amazon
  • 楽天
0

コメントを投稿しよう!(投稿にはログインが必要です。会員でない方は今すぐ登録しよう!)

今、あなたにオススメ

Cookie Consent