MyRepi Logo

漂白剤を上手に使って頑固なシミとニオイにさようなら

漂白剤を上手に使って頑固なシミとニオイにさようなら

もう迷わない! 汚れのタイプ別に漂白剤の使い方


漂白剤の使い分けが分からない、色落ちが心配…など、使用を迷ってきた方に、汚れのタイプごとに最適な漂白剤の使い方をご紹介しましょう。あきらめていた汚れやニオイが取れて、お気に入りの衣類を長く愛用できる強い味方になるはずです!

普段のお洗濯時に一緒に使いたい漂白剤は?


液体の酸素系漂白剤がおすすめです。黄ばみの除去や殺菌効果があり、色柄物や毛・絹素材にも使えるので、普段のお洗濯時に洗剤と一緒に投入すれば、洗剤で落としきれない汚れやニオイなどを除去してくれます。また、漂白剤があらかじめ入っている洗剤の利用も効果的。洗剤を入れるだけで、漂白剤の効果も期待できます。

気になる衣類のニオイを取り除くには?


部屋干ししたタオルや肌着から放たれる生乾きのニオイなど、洗濯した後に気になるニオイ。これは、洗濯で落としきれなかった汚れが菌によって分解された際に発生するもの。解消するには、液体の酸素系漂白剤と洗剤で浸け置きするのがベスト。45℃くらいのお湯に洗剤と漂白剤を溶かして、30分ほど浸け置きしてから、普段通りに洗濯機で洗えば、嫌なニオイがすっきり!

目立つシミや汚れを落としたいときは?


コーヒーや調味料のシミなど、シミ抜きしても汚れが残ってしまったときは、素材が真っ白な綿や麻、ポリエステルなら、塩素系漂白剤が最も強力です。洗面器にぬるま湯を張り、キャップ1杯の漂白液を入れて軽く押し洗いした後、30分程度浸け置きをします。それ以外の素材(ウールや絹を除く)や色柄物の場合は、粉末の酸素系漂白剤がおすすめです。水温が高い方が、効果を発揮しやすいので、50℃までの熱いお湯に溶かして使用しましょう。
<POINT>
液体の塩素系漂白剤を使用する場合は、換気してゴム手袋を装着しましょう。漂白後カルキ臭が残るので、カルキ抜きを2粒ほど溶かした容器に衣類を浸した後、洗濯するとカルキ臭が抜けます。

塩素系漂白剤でもシミが取れないときは?


還元型漂白剤を試してみましょう。塩素系漂白剤とは異なる方法で、色素を取り除くので、塩素系漂白剤では落ちない汚れを落としてくれる可能性があります。ただし、白物以外は使用することができません。

<まとめ>
漂白剤は、洗濯では落とせなかった汚れやニオイなどを取り除いてくれるすぐれもの!素材や汚れの種類に合わせて、最適なものを選んで使用しましょう。ただ色落ちや、生地を傷めたり黄色く変色してしまうこともあるので、心配な衣類は、目立たない場所でテストをしてから使用するようにしましょう。

●監修:中村 安秀
「クリーニングショップ中村」(大阪)店長
http://cl-nakamura.com/

< 前ページ

> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック