魔法のお洗濯レシピ

快適に
部屋干しをしたい…

快適に部屋干しをしたい

日中洗濯物が取り込めない、洗濯物を外で干すことを禁止されている、PM2.5などが気になってなるべく外に干したくない…など、部屋干しをされる理由はさまざま。でも部屋干しというと、どうしても生乾きのニオイや乾きの悪さが気になりますよね。そこで、部屋干しが、より快適にできる方法やコツをご紹介します。

快適に部屋干しするための、洗濯の工夫

菌を増殖させない!

洗濯物のニオイの原因は、菌の増殖。洗濯時に汚れをしっかり落とし、洗濯後の洗濯物に菌を増殖させないためには、抗菌、防臭に優れた洗浄力の高い洗剤を使用することが大切です。
汚れと違って、菌は目に見えないものなので油断しがちですが、正しい洗剤を使用するだけでも、効果を感じていただくことができるはずです。


柔軟剤で乾きを早く

菌を増殖させないためには、速く乾かすこともポイント。
柔軟剤は速乾性が期待できるため、生乾きのニオイを生む、菌の増殖を防ぐことができます。洗濯物の肌触りを変える柔軟剤ですが、香りも楽しんだり、菌の増殖も防げるとなれば、使ってみたくなりますね。


衣類の詰め過ぎはNG!

洗濯物の量は、お持ちの洗濯機を確認して、あまり詰め込みすぎないようにしましょう。すすぎの水量や、洗剤の量もしっかりと確認を。
洗濯物の量に合った適量をしっかり使いましょう。


洗い終わったらすぐに干す!

仕事や家事で忙しいから効率的に時間を使おう!と、洗濯時間を予約して、寝ている間に洗濯したりしていませんか?
効率的にできていると思っても、洗濯後すぐに干さないで放置しておくと、ニオイの原因の雑菌が、洗濯した衣服で増殖してしまい、せっかくの洗濯が台無しに!とにかく洗ったらすぐに干す!が鉄則です。


すすぎにはお風呂の残り湯は使わない

うちの残り湯はそんなに汚れていないし、エコの観点からも…と、お風呂の残り湯を洗濯に使用している方も多いと思います。しかし、微生物の観点からみると、翌日になると、数万から数百万個になり、入浴直後の約1000倍に増えることもあると言われています。やはり快適な部屋干しお洗濯のためには、風呂水での選択は避けた方が良いようです。


洗濯漕もメンテナンスを!

せっかく洗濯しても、洗濯漕が汚れていては、効果も半減してしまいます。洗濯漕の汚れやカビもニオイの原因になりますので、定期的にクリーナーで掃除しましょう。また、洗濯後には必ず洗濯漕のフタを開けて中を乾燥させてください。

トップに戻る