柔軟剤で衣類を
ふわふわにするには?

柔軟剤で衣類をふわふわに
するためのポイントをご紹介。

  1. 柔軟剤で衣類をふわふわにするには?

柔軟剤を使うとふわふわになる理由

柔軟剤に含まれている柔軟成分は、繊維について表面をなめらかにすることで衣類の肌触りをよくします。柔軟成分が効率よく衣類全体に行き渡るのは、電気の性質を利用しているから。一般的に硬くなりがちな綿の衣類の繊維はマイナス、柔軟剤はプラスの電気を帯びていて、それが互いに引きつけ合うことで柔軟成分が衣類全体に行き渡ります。だから、柔軟剤を使って洗うと衣類がふんわり柔らかく仕上がるのです。

  1. 衣類の繊維と柔軟剤が引きつけ合い…衣類の繊維と
    柔軟剤が引きつけ合い…
  2. 柔軟剤成分が衣類をコーティングしてふわふわに!柔軟剤成分が衣類を
    コーティングしてふわふわに!

※イメージです。

柔軟剤の効果が出ない原因

柔軟剤を使っても衣類がふわふわにならないのは、お洗濯の方法に問題があるのかもしれません。柔軟剤は規定の量を入れるのはもちろん、入れる場所やタイミングも決まっています。また、洗濯洗剤や水の量、洗濯物の乾かし方も柔軟剤の効果の出方に影響します。つまり、柔軟剤の効果があまり出ないという方は、正しいお洗濯ができていない可能性が大。この機会に普段のお洗濯を見直して、正しいお洗濯方法で洗濯物をふんわり心地よい肌触りに仕上げましょう。

柔軟剤を使っても衣類がふわふわにならないのは、お洗濯の方法に問題があるのかも

柔軟剤で衣類をふわふわにするポイント

柔軟剤、洗剤、水の量は正しく

柔軟剤や洗剤、水の量はきちんと合っていますか?柔軟剤だけでなく、洗剤や水も適した量でなければ、柔軟剤の効果が薄れてしまうことがあります。せっかく柔軟剤を使っても、うまく効果が発揮されないと残念ですよね。衣類をふわふわに仕上げるためにも、洗濯物の多さによって水の量を調節し、柔軟剤や洗剤は製品裏面に記載されている表示を確認して適切な量を入れるようにしましょう。

レノア本格消臭は、適量に少しだけプラスすると消臭効果が高まり、しっかりニオイを防ぎたい衣類にピッタリです。また、レノアハピネスの場合は、適量に少しだけプラスするとさらに柔軟剤の香りが引き立って、もっと贅沢な気分のお洗濯が楽しめます。衣類の種類や用途によって、お好みで調節してみてくださいね。

※香りの感じ方には個人差があります。周囲の方にもご配慮の上、お使いください。

柔軟剤を入れる場所をチェック

柔軟剤はどこに入れていますか?柔軟剤を入れる場所は洗濯機の種類によって異なります。全自動洗濯機の縦型とドラム式には、それぞれ洗剤とは別に柔軟剤用の投入口があります。縦型の柔軟剤用の投入口は、洗濯機のふちにあるタイプ、引き出しになっているタイプ、洗濯槽のふちにあるタイプとさまざまなので、ご家庭の洗濯機のタイプを確認してみましょう。ドラム式は、洗剤を入れる引き出しに柔軟剤用の投入スペースがあるので、洗剤と入れ間違えないように気をつけて。二層式洗濯機は投入口がないので、柔軟剤は最後のすすぎ時に洗濯槽に直接入れましょう。

柔軟剤は、漂白剤やおしゃれ着洗い用洗剤と組み合わせてもOK!漂白剤を入れる場所は洗濯機によって違うので、ご家庭の洗濯機の表示を確認してみてくださいね。

全自動洗濯機 縦型
全自動洗濯機 ドラム式
二層式洗濯機
手洗い

※投入場所はイメージです。ご利用の洗濯機の取り扱い説明書に従ってご使用ください。

柔軟剤を入れるタイミングに注意

柔軟剤はいつ入れていますか?柔軟剤を入れるタイミングは洗い方によって異なります。全自動洗濯機(縦型・ドラム式)の場合は洗濯のスタート前。柔軟剤用投入口に入れておくと、最後のすすぎ時に自動で加えてくれます。二層式洗濯機、手洗いの場合は最後のすすぎ時。洗剤が残っていると柔軟剤の効果が薄れてしまい、ふわふわに仕上がりにくくなるので、すすぎ水がきれいになってから柔軟剤を入れるようにしましょう。

柔軟剤は、漂白剤やおしゃれ着洗い用洗剤と組み合わせてもOK!漂白剤を入れるタイミングは、洗剤と同じで一番最初。用途に合ったさまざまなアイテムを組み合わせて、お洗濯を楽しんでくださいね。

全自動洗濯機(縦型・ドラム式)
二層式洗濯機・手洗い

※投入場所はイメージです。ご利用の洗濯機の取り扱い説明書に従ってご使用ください。

すすぎの回数

すすぎの回数をチェックしてみましょう。すすぎが少ないと水に洗剤が残って、洗剤と柔軟剤がお互いの効果を打ち消しあってしまうことがあります。柔軟剤でふんわり仕上げるためには、すすぎの時間や回数を増やすのも効果的です。しっかりと洗剤をすすいでから柔軟剤を入れることによって、柔軟剤の効果が発揮されます。

脱水の時間

脱水の時間は十分ですか?脱水が少なすぎると、ニオイの原因や衣類のごわつきの原因にもなります。ふわふわに仕上げるには、いつもと同じように脱水することをオススメします。

衣類をふわふわに仕上げる干し方

脱水後はすぐに干す

洗濯後の衣類は、湿ったまま長時間放置すると繊維の中に菌が繁殖しやすくなります。菌の繁殖によって衣類の繊維が傷つき、ふわふわ感が失われてしまう原因に。また、繁殖した菌はイヤなニオイを発生させることもあります。せっかく柔軟剤でいい香りをつけてふんわりとした肌触りに仕上げても、これでは台無し。脱水が終わったらすぐに取り出して干すようにしましょう。

洗濯後の衣類は、湿ったまま長時間放置すると繊維の中に菌が繁殖しやすくなります。

熱を加えて干す

洗濯後の衣類は乾燥機を使って乾かすことで繊維が立ち、ふんわりとした手触りになります。乾燥機のない方は太陽に当てて干してもOK。ただし、外干しをすると柔軟剤の香りが蒸発してしまうので、夏の日差しが強い日は部屋干しをするなどして、外干しの時間を短くしましょう。

洗濯後の衣類は乾燥機を使って乾かすことで繊維が立ち、ふんわりとした手触りになります。

干すときに衣類の繊維を立てる

洗濯後の衣類は濡れて繊維が倒れてしまっているので、繊維の倒れている方向と逆向きに撫でるか、パタパタと10回ほど振ってから干してみて。繊維の毛並みが立つことで、気持ちのよいふんわりとした肌触りに仕上がります。

お洗濯イメージ

衣類をふわふわにするオススメ柔軟剤

レノア オードリュクス

レノア オードリュクスは、香りが衣類に長く残り続けるように工夫された香料を配合。フレグランスのような繊細で質の高い香りを楽しめます。香りとともに、なめらかな肌触りも実感できる柔軟剤です。また、吸水性と肌触りにもこだわっているのでタオルのお洗濯にもオススメ。リッチな香りとともに、なめらかでふんわりとした感触を楽しめます。