柔軟剤を使っても
香らないときは?

香りが弱いと感じる人はチェック!
プラスワンアイテムのご紹介も。

  1. 柔軟剤を使っても香らないときは?

柔軟剤の使い方を見直そう

柔軟剤を入れる場所

柔軟剤を入れる場所は洗い方によって異なります。

柔軟剤を入れる場所は洗い方によって異なります。全自動洗濯機の場合、縦型とドラム式にはそれぞれ柔軟剤用の投入口があります。ドラム式は、洗剤を入れる引き出しに柔軟剤用のスペースがあるので、間違えないように気をつけて。二層式洗濯機は投入口がないので、柔軟剤は最後のすすぎ時に洗濯槽に直接入れましょう。

※投入場所はイメージです。ご利用の洗濯機の取り扱い説明書に 従ってご使用ください。

柔軟剤を入れるタイミング

柔軟剤は洗剤と同時ではなく、最後のすすぎ時に投入します。

柔軟剤は洗剤と同時ではなく、最後のすすぎ時に投入します。全自動洗濯機の場合は自動で追加してくれるので、あらかじめ柔軟剤用の投入口に入れておきましょう。二層式洗濯機と手洗いの場合は、最後のすすぎ時に手動で入れます。洗剤が残っていると柔軟剤の効果が薄れてしまうので、必ずすすぎ水がきれいになってから柔軟剤を入れるようにしましょう。

柔軟剤、洗剤、水の量

柔軟剤は製品の裏面に記載されている適量を守って使用しましょう。洗剤や水の量が多くても少なくても、柔軟剤の効果がうまく発揮されないことがあります。洗濯物の量によって水の量を調節し、柔軟剤や洗剤は製品裏面に記載されている表示に合わせて適切な量を入れるようにしましょう。また、漂白剤の量にも注意が必要です。漂白剤は繊維をこわばらせてしまうので、入れすぎるとゴワゴワした仕上がりになってしまいます。何でも多めに、少なめにということはせず、適量を守って気持ちのいい仕上がりにしたいですね。

レノアハピネスの場合、適量にちょっとだけプラスしてみるとさらに香りが引き立って、もっと贅沢な気分のお洗濯が楽しめます。また、レノア本格消臭の場合は、適量にちょっとだけプラスすると消臭効果が高まり、しっかりニオイを防ぎたい衣類にピッタリです。お好みで調節してみてくださいね。

●レノア オードリュクス

レノア オードリュクスの使用量 レノア オードリュクスの使用量

お洗濯の仕方を見直そう

一度の洗濯量

お洗濯の際に注意するポイントとして、一度に洗濯する衣類の量があります。衣類の量が多いと柔軟剤や洗剤が十分に行き渡らず、汚れが落ちにくくなる、柔軟剤の効果が薄れてしまうなどの原因に。一度に洗う量は洗濯槽の八分目までを目安として、柔軟剤や洗剤とのバランスをとってくださいね。

すすぎの回数

すすぎが十分でないと水に洗剤が残って、すすぎ前に柔軟剤を入れた場合と同様に、両方の効果が薄れてしまうことも。柔軟剤の効果を発揮させるためには、すすぎの時間や回数を増やすなど、しっかりと洗剤をすすいだ後に柔軟剤を入れることをオススメします。

お風呂の残り湯

お洗濯の際に浴槽の湯を使うと、残り湯に溜まっている汚れや菌が衣類について、イヤなニオイの原因になることがあります。柔軟剤の香りを楽しむためにも、すすぎには水道水を使うことをオススメします。

脱水不足

脱水が十分にできていないと、ニオイの原因や衣類のごわつきの原因にもなります。脱水に関しては、いつもと同じように行うことをオススメします。

脱水後はすぐに干す

洗濯後の衣類は、湿ったまま長時間放置すると菌が増殖してイヤなニオイが発生することがあります。せっかく柔軟剤を使っていい香りに仕上げても、これでは台無し。脱水が終わったらすぐに取り出して干すようにしましょう。

もっと香りを楽しみたいときは?

もっと香りを楽しみたいときには、レノアハピネス アロマジュエルがオススメ。衣類の香りづけ専用製品で、衣類を自分好みの香りにすることができます。使い方はとっても簡単。お好みの量を洗濯槽に入れるだけで、よりリッチな香りを楽しむことができます。

また、レノアハピネスの柔軟剤と組み合わせる「香りmixレシピ」があり、まるでお料理をするように季節の香りをつくることができます。たとえば、春の香りや涼風の香り、ハロウィンの香りなどなど。季節に合わせるだけではなく、好きな柔軟剤とアロマジュエルを組み合わせて、そのときの気分に合った香りをつくってもOK。もちろん、他の柔軟剤の香りとも相性バッチリです。自分好みの香りでもっと楽しいお洗濯にしてくださいね。

いつものお洗濯にアロマジュエルをいれるだけ。お洗濯がもっと楽しく! いつものお洗濯にアロマジュエルをいれるだけ。お洗濯がもっと楽しく!
香りのマナー

香りの強さの感じ方・好みは個人によって異なります。適量を守り、周囲の方にも配慮しながら、シーンに合わせた香りの強さでお楽しみください。