服・衣類のニオイの
原因と対策法って?

服が臭くなる原因と、
ニオイを防ぐお洗濯方法をチェック!

  1. 服・衣類のニオイの原因と対策法って?

洗濯したはずの衣類が臭い?

服やタオルなど、衣類は直接肌に触れるものだからニオイには気を遣いますよね。けれど、洗剤でしっかりと洗濯することで衣類の汚れやニオイを落としたはずなのに、洗濯した服やタオルがなんだか臭い…と感じるとき、ありませんか?実は、衣類のニオイの原因は洗剤以外にもあるのです。普段何気なくしていることがニオイの原因になっていないか、チェックしてみてくださいね。

洗濯したはずの衣類が臭い?

衣類の変色やニオイの原因とは?

汚れた服やタオルを放置

汚れやニオイのついた衣類を長時間放置すると、ニオイの原因菌を増殖させてしまいます。また、色柄物の濡れた衣類を長時間放置すると、衣類の変色の原因になることも。できるだけ早く洗濯することがイヤなニオイを防ぐポイントです。どうしても洗濯するまで間が空く場合は、洗濯物を通気性のよいカゴなどに入れておきましょう。洗濯槽に溜めていくのはNG。洗濯槽は湿気が多いので菌が増殖しやすく、ニオイの元になってしまいます。 

汚れやニオイのついた衣類を長時間放置すると、ニオイの原因菌を増殖させてしまいます

洗濯機の汚れ

衣類が臭くなる原因として、洗濯機の汚れも挙げられます。洗濯槽の中は湿気が逃げにくく、菌が増殖しやすい場所。洗濯槽が汚れていると、洗濯物にも汚れやニオイが移ってしまいます。洗ったばかりの洗濯物に黒い斑点がついている、洗濯槽の中が臭いという場合は要注意。定期的に洗濯機のクリー二ングを行うようにしましょう。

洗濯槽が汚れていると、洗濯物にも汚れやニオイが移ってしまいます

洗濯物や洗剤の量

洗濯機にはそれぞれ容量が定められています。容量以上の衣類を一気に洗うと、洗浄能力は低下してしまい汚れが落ちにくくなる原因に。また、洗剤を規定より多く入れるのもNGです。洗剤を多くしても汚れが落ちやすくなることはなく、むしろ余分な洗剤が溶け残ってしまい、衣類や洗濯槽について菌を発生させてしまうこともあります。洗濯槽に菌がつくと、洗濯するたびに衣類が臭くなってしまう事態になりかねません。大切な衣類をニオイ菌から守るためにも、決められた容量を守りましょう。

洗濯機にはそれぞれ容量が定められています

濡れた服やタオルを放置

洗濯物は、濡れた状態が長く続くとニオイの原因菌が増殖しやすくなります。一度増殖すると何度洗濯してもすべてを撃退しきれないため、衣類に臭いニオイが残ってしまうのです。

洗濯物は、濡れた状態が長く続くとニオイの原因菌が増殖しやすくなります

また、白かった衣類がピンク色になってしまった経験はありませんか?この原因となるのは酵母菌。酵母菌は空気中に漂っているどこにでもある菌で、湿った服やタオルを好んで増殖していきます。人体に害はないものの、ピンクの色素を出すので洗濯物をピンク色に染めてしまいます。服やタオルを濡れた状態で放置しないようにしましょう。

汗のニオイ

服やタオルに染みついた汗のニオイが洗濯しても取れないことってありますよね。しつこい汗のニオイの原因は一体何なのでしょうか?実は、汗そのものにはニオイがありません。汗は主に体温を調整するために出る水分であり、空気中に気化することで熱を蒸発させています。けれど、汗は服やタオルにも染み込みますよね。服やタオルには、肌と接することで皮脂や垢の汚れが溜まっています。その衣類の汚れと染み込んだ無臭の汗を人間の肌の常在菌が分解すると、いわゆる汗のニオイと言われているニオイが発生するのです。そして、肌の常在菌による皮脂や汗の分解は衣類の繊維の奥で行われるため、服やタオルに汗臭いようなニオイが染みつき、なかなか取れなくなってしまうのです。

衣類の汚れと染み込んだ無臭の汗を人間の肌の常在菌が分解すると、いわゆる汗のニオイと言われているニオイが発生するのです

衣類の変色やニオイの原因とは?

汚れた衣類はできるだけ早く洗濯

ニオイや汚れのついた衣類を長時間放置すると、ニオイ菌を増殖させてしまいます。洗う前の洗濯物は通気性のよいカゴに入れておき、できるだけ早く洗濯することでイヤなニオイを防ぐことができます。

ニオイや汚れのついた衣類を長時間放置すると、ニオイ菌を増殖させてしまいます

洗濯後はすぐに干す

洗濯物は、濡れた状態が長く続くとニオイ菌が増殖しやすくなります。洗ったばかりの服やタオルが臭くなってしまわないように、お洗濯が終わったらなるべく手早く干しましょう。

洗濯物は、濡れた状態が長く続くとニオイ菌が増殖しやすくなります

乾燥機を使う

ニオイの原因菌は熱で撃退することができます。乾燥機は高温の空気で衣類を乾かすので、その熱風によって菌を一掃することができます。ただし、熱に弱いなど乾燥機の使用に向かない衣類があるので注意しましょう。

ニオイの原因菌は熱で撃退することができます

衣類の干し方を工夫

洗濯後の衣類にニオイの原因菌を増やさないためには、すばやく乾かすことがポイントです。丈が長いものや厚手のものを外側に、丈が短いものや薄手のものを内側に干す「アーチ干し」をすることで、乾きにくい衣類の風当たりをよくさせ、空気の流れが全体に行き渡ります。できるだけ衣類同士の間隔を空けて干すのもポイントです。部屋干しの場合は湿気がこもりやすくなるので、扇風機やエアコンを使用して空気の流れをよくするといいでしょう。

「アーチ干し」をすることで、乾きにくい衣類の風当たりをよくさせ、空気の流れが全体に行き渡ります

熱湯で除菌

繰り返し洗濯してもイヤなニオイが取れない衣類は、熱湯での除菌がオススメです。大きめの鍋でお湯を沸かし、ニオイの気になる衣類を入れてひと煮立ちさせるだけ。このとき、お湯が少ないと鍋に衣類が張りついて焦げてしまうので気をつけましょう。大きい鍋がない場合やデリケートな素材の衣類の場合は、浴槽での浸け置きでもOK。浴槽に40度程度のお湯を張って漂白剤を溶かし入れ、衣類を1時間程度浸けた後、洗濯機で洗うと効果的です。

ただし、漂白剤を使うときは注意が必要です。漂白剤には塩素系と酸素系があります。塩素系は漂白・除菌・殺菌力が強く、汚れを徹底的に落としきる場所によく使われます。衣料用として濃度を薄くした塩素系漂白剤がありますが、漂白力がかなり強く色素を壊しやすいので、白い服やタオルにのみ使用するようにしましょう。酸素系漂白剤の主な成分はアルカリ剤の過炭酸ナトリウムで、油性汚れを落としてくれます。塩素系漂白剤より漂白力は劣るものの、酸素系漂白剤だけで普段のお洗濯もできてしまうほど繊維にやさしく働きかけます。また、色や柄の入った服に対しても、黄ばみや食べこぼしなどの汚れだけに反応するので、塩素系漂白剤で洗えない色柄物の服やタオルでも安心して使えます。洗いたい衣類によって使う漂白剤を変えてみましょう。

イヤなニオイが取れない衣類は、熱湯での除菌がオススメ

洗濯機のお手入れ

洗濯槽は意外と汚れが溜まる場所なので、使う度にお手入れするのが理想的。なかなか難しいかとは思いますが、洗濯槽は非常にカビが生えやすい環境です。そのカビは、服やタオルが臭くなってしまう原因の1つとなります。洗濯槽クリーナーが市販されているので、衣類を清潔に保つためにも1〜3ヶ月ほどのサイクルで掃除をする習慣をつけましょう。洗濯槽だけでなく、洗剤投入ケースや糸くずネット、フィルター、フタの裏なども掃除のポイントです。また、洗濯後は洗濯機のフタをしばらく開けておきましょう。洗濯槽を乾燥させることでカビの発生を抑えることができます。

洗濯槽は非常にカビが生えやすい環境です

抗菌力の高い洗剤や柔軟剤を使う

漂白剤入りの洗剤などを用いると殺菌力が高まります。ひどい汚れがある衣類はお洗濯前に漂白剤に浸けたり、いつもの洗剤に漂白剤を加えたりするのもいいでしょう。柔軟剤はいつもの洗剤だけでなく漂白剤との相性もいいので、衣類の状態によって組み合わせを変えてみてくださいね。

アリエール サイエンスプラス7 粉末洗剤は、2種類の漂白剤を配合。泥汚れや食べ物のシミ、皮脂による黄ばみなどの頑固な汚れを強力洗浄します。また、優れた除菌力で24時間ニオイ菌を防ぐ消臭成分処方。臭くなってしまった衣類や、落としにくい汚れがついてしまった衣類に最適です。

衣類についたイヤなニオイや加齢臭が気になる方は、ニオイを香りでごまかさない柔軟剤レノア本格消臭もオススメ。ニオイを化学変化で無臭化するテクノロジーで衣類をしっかり消臭&防臭します。さらに、レノア本格消臭 衣類の消臭専用デオドラントビーズと一緒に使うと7日間の防臭*が可能に。洗ってもなかなか消えない強いニオイや、スポーツユニフォームの汗のニオイ、枕やシーツの加齢臭などなど、気になるニオイにぜひ試してみてくださいね。

*枕カバーで検証