柔軟剤と吸水性の
関係を解明!

柔軟剤を使った衣類の吸水性は?
ふわふわ感と両立させる方法もご紹介。

  1. 柔軟剤と吸水性の関係を解明!

柔軟剤と吸水性について

柔軟剤を使うと吸水性が悪くなるって本当?

柔軟剤を使うと、ふわふわとした手触りや香りを楽しめますよね。では、吸水性はどうでしょうか。柔軟剤を使って洗濯したタオルの吸水性があまりよくない、という話を聞いたことがあるかもしれません。実は、柔軟剤の成分が衣類の吸水性を左右しているのです。

柔軟剤を使うと吸水性が悪くなるって本当?

柔軟剤の成分と働き

柔軟剤に含まれている柔軟成分は、衣類の繊維をコーティングすることでふんわりと柔らかい手触りに仕上げます。その際、繊維の表面を柔軟成分が覆うために、吸水性が悪くなってしまうことがあります。

柔軟剤を使いたいけど、吸水性も欲しいときは?

柔軟剤の効果を発揮させるための成分で衣類の吸水率が下がるという、柔軟剤と吸水性の関係が分かりました。けれど、体を拭くバスタオルや赤ちゃんの衣類など、ふわふわ感と吸水性の両方欲しいときもありますよね。

そんなときは、レノア本格消臭やレノアハピネス、レノア オードリュクスなどレノアシリーズがオススメです。レノアシリーズの柔軟剤は、柔らかい手触りを保ちつつ吸水性抜群。汗などをすぐに吸い取って快適な使い心地を感じられます。

また、レノアシリーズの柔軟剤は赤ちゃんの衣類にも安心して使えます。吸水力がバツグンなので、汗をかきやすい赤ちゃんの衣類や布おむつ、よだれかけなどにもピッタリ。吸水性ややさしい肌触りはもちろん、さわやかな香りや華やかな香りなど、お好みの香りを選んで楽しめるのもポイントです。ただし、赤ちゃんの肌はデリケートなので、柔軟剤が衣類に残らないよう十分なすすぎを行うのがポイント。安心して使えるように気をつけて、ふわふわな肌触りで吸水性もバッチリの心地よい仕上がりで赤ちゃんを喜ばせてあげてくださいね。

レノアシリーズの柔軟剤は赤ちゃんの衣類にも安心して使えます