洗濯物の
臭いニオイを取る方法

洗濯したはずの衣類が臭い…。
原因と対策法を解説!

  1. 洗濯物の臭いニオイを取る方法

洗濯物のニオイの原因とは?

汚れた洗濯物を放置

汚れやニオイのついた洗濯物を長時間放置すると、ニオイの元となる雑菌を繁殖させてしまいます。できるだけ早めに洗濯することがイヤなニオイの発生を防ぐポイントです。洗濯するまで置いておく場合は、通気性のよいカゴなどに入れておきましょう。洗濯槽に溜めるのはNGです。洗濯槽は湿気が多く菌が増殖しやすいので、ニオイの元になってしまいます。

汚れやニオイのついた洗濯物を長時間放置すると、ニオイの元となる雑菌を繁殖させてしまいます

濡れた洗濯物を放置

洗濯物は、濡れた状態が長く続くことで雑菌が増えやすくなります。洗濯物が臭くなるのはこの雑菌が原因であり、一度繁殖してしまうと何度洗濯しても完全にはなくならないため、衣類にニオイが残ってしまうのです。また、白い衣類がピンク色に染まってしまった経験はありませんか?これは酵母菌が原因。酵母菌は空気中に漂っているどこにでもある菌で、湿った衣類を好んで増殖します。人体に害はありませんが、ピンクの色素を出して洗濯物をピンク色に染めてしまいます。ニオイや変色を防ぐためにも、洗濯物を濡れた状態で放置しないように気をつけましょう。

洗濯物は、濡れた状態が長く続くことで雑菌が増えやすくなります

部屋干し

雨の日や忙しい日など、どうしても部屋干ししなければならないときってありますよね。天候に左右されずにお洗濯ができるので、いつも部屋干しをする方もいるかもしれません。けれど、部屋干しの独特のニオイに困っているという方も多いはず。どうして、部屋干しをするとイヤなニオイがついてしまうのでしょうか。

部屋干しのイヤなニオイが発生する原因は、水分によってニオイ菌が増殖してしまうから。部屋干しをすると室内の湿度が上がるため、衣類の水分が蒸発しにくくなり、外干しと比べて衣類が乾くまでに時間がかかります。つまり、衣類を湿った状態で長く置くことによって、ニオイ菌が増えてしまうのです。せっかくきれいにお洗濯したのに、イヤなニオイがついてしまうのは避けたいですね。

部屋干しのイヤなニオイが発生する原因は、水分によってニオイ菌が増殖してしまうから 部屋干しのイヤなニオイが発生する原因は、水分によってニオイ菌が増殖してしまうから

洗濯機の汚れ

衣類についてしまったニオイは、洗濯機の汚れも原因の1つとして考えられます。洗濯槽の中は湿気が逃げにくいため、カビが繁殖しやすい場所。洗濯槽が汚れていると、洗濯物にもニオイや汚れが移ってしまうことがあります。洗濯槽の中が臭い場合や、洗ったばかりの洗濯物に黒い斑点がついている場合は要注意。定期的に洗濯機のクリー二ングをしましょう。

洗濯槽の中は湿気が逃げにくいため、カビが繁殖しやすい場所

洗濯物や洗剤の量

洗濯機には容量が定められており、規定量以上の衣類を入れて洗うと洗浄能力は低下してしまいます。また、洗剤を規定より多くするのもNG。洗剤を多く入れても汚れが落ちやすくなるわけではありません。むしろ、余分な洗剤が溶け残ってしまい、衣類や洗濯槽につくことで菌を発生させてしまう可能性が。洗濯槽に菌がつくことで、洗濯するたびに服やタオルが臭くなってしまう原因にもなります。洗濯物をニオイ菌から守るために、決められた容量を守ってお洗濯をしましょう。

規定量以上の衣類を入れて洗うと洗浄能力は低下してしまいます

洗濯物のニオイの取り方とは?

熱湯で除菌

繰り返し洗濯してもイヤなニオイが取れないことってありますよね。その場合は、熱湯での除菌がオススメ。大きめの鍋でお湯を沸かし、ニオイがついてしまった衣類を入れてひと煮立ちさせましょう。お湯が少ないと、鍋に衣類が張りついて焦げてしまうことがあるので気をつけて。デリケートな素材の衣類の場合や大きい鍋がない場合は、浴槽での浸け置きも効果があります。浴槽に張った40度程度のお湯に漂白剤を溶かし入れ、衣類を1時間程度浸けましょう。その後、洗濯機で洗うと効果的です。

ただし、漂白剤を使うときは注意が必要です。漂白剤には塩素系と酸素系があり、塩素系は漂白・除菌・殺菌力が強いので、汚れを徹底的に落としたい場所によく使われます。濃度を薄くした衣料用の塩素系漂白剤がありますが、漂白力が強く色素を壊しやすいため、白い衣類やタオルにのみ使うようにしましょう。酸素系漂白剤の主な成分は、油性汚れを落としてくれるアルカリ剤の過炭酸ナトリウム。塩素系漂白剤より漂白力は劣りますが、繊維にやさしく働きかけて黄ばみや食べこぼしなどの汚れだけに反応するので、塩素系漂白剤で洗えない色柄物の衣類やタオルにも使えます。衣類の色や種類によって使う漂白剤を変えて、かしこくお洗濯しましょう。

熱湯での除菌がオススメ

部屋干しのニオイ対策

部屋干しでイヤなニオイが発生するのは、水分によってニオイ菌が増殖しやすいためです。したがって、衣類を速く乾かすことでニオイ菌の発生を抑えられます。そんなときのお役立ちアイテムが速乾効果のある柔軟剤。柔軟剤には速乾効果のある製品もあり、使わない場合に比べて衣類が速く乾きやすいので、部屋干しをするときのお洗濯にピッタリです。

部屋干しの独特なニオイが気になる場合は、レノア本格消臭がオススメ。速乾性に優れており、バツグンの水切れのよさで、ニオイ菌の増殖を抑えます。さらに、レノア本格消臭 衣類の消臭専用デオドラントビーズは、ニオイ分子を無臭に変える消臭成分が含まれています。レノア本格消臭と一緒に使うことにより、7日間持続する防臭効果を発揮*。部屋干しのイヤなニオイを抑えたいときは、ぜひ試してみてくださいね。

*枕カバーで検証

衣類を速く乾かすことでニオイ菌の発生を抑えられます

洗濯機のお手入れ

洗濯槽は意外と汚れが溜まる場所。なかなか難しいかとは思いますが、使う度にお手入れするのが理想的です。洗濯槽は非常にカビが生えやすく、洗濯物が臭くなってしまう原因にもなります。衣類を清潔に保つためにも、市販の洗濯槽クリーナーなどで1〜3ヶ月ほどのサイクルで掃除をするようにしましょう。洗濯槽だけでなく、洗剤投入ケースや糸くずネット、フィルター、フタの裏なども忘れずに。また、洗濯槽を乾燥させることでカビの発生を抑えることができるので、洗濯後は洗濯機のフタをしばらく開けておくのがポイントです。

衣類を清潔に保つためにも、市販の洗濯槽クリーナーなどで1〜3ヶ月ほどのサイクルで掃除をするようにしましょう

抗菌力の高い洗剤や柔軟剤を使う

ひどい汚れがある衣類はいつもの洗剤に漂白剤を加えたり、お洗濯前に漂白剤に浸けたりするといいでしょう。また、漂白剤入りの洗剤なども殺菌力が高まるのでオススメです。柔軟剤は漂白剤との相性もいいので、衣類の状態によって組み合わせを変えてみましょう。

アリエール サイエンスプラス7 粉末洗剤は2種類の漂白剤を配合しており、皮脂による黄ばみや泥汚れ、食べ物のシミなどの頑固な汚れを強力洗浄。さらに、優れた除菌力で24時間ニオイ菌を防ぐ消臭成分も処方しているので、落としにくい汚れがついてしまった衣類や臭くなってしまった衣類にピッタリです。

衣類についた加齢臭やイヤなニオイが気になる場合は、ニオイを香りでごまかさない柔軟剤のレノア本格消臭もオススメです。ニオイを無臭化するテクノロジーで衣類をしっかり消臭&防臭します。さらに、レノア本格消臭 衣類の消臭専用デオドラントビーズと一緒に使うことで、7日間の防臭が可能*に。スポーツユニフォームの汗のニオイや、枕やシーツの加齢臭など、洗ってもなかなか消えない気になるニオイに試してみてくださいね。

*枕カバーで検証