家庭のニオイが子どもの集中力を低下させる!

実験概要

家庭の3大不快臭(油臭、汗・体臭、カビ臭)を再現した
3つの部屋とニオイのない部屋を用意。
注意力と持続力双方を測定できる集中力テストを96名の子どもたちに実施。
さらに脳波測定とアンケートも施行した。

4つの部屋の実験風景

実験結果

脳波測定結果
集中力テスト結果
アンケート結果

「子どもが勉強する場所」の
不快なニオイを取り除くことによって、
勉強のパフォーマンスが高まると考えられます。

今回、生活の中にニオイがあれば、本人が意識していなくても、脳は反応し、集中力に影響を及ぼしているということがわかりました。リビングなど「子どもが勉強する場所」の不快なニオイを取り除くことによって、勉強のパフォーマンスが高まると考えられます。ご家庭のニオイケアを積極的にすることをお勧めします。

杏林大学 名誉教授 精神科医 医学博士
日本ブレインヘルス協会理事長
古賀良彦先生
家庭のリビングには3大不快臭が潜んでいます!
食べ物が酸化した油臭、汗・体臭、カビ臭

リビングのニオイの発生源は布製品がほとんど。

家庭のニオイの発生は「布がニオイを吸い込んで布がニオイを吐き出している」ことが原因。
カーテンやカーペット、ソファなど洗いにくい布製品がニオイを吸い込んでは吐き出しているのです。

リビング学習が一般的な今、
リビングのニオイケアは大切です。

ニオイケアとしてまずあげられるのはニオイの元の除去と、発生したニオイを留めさせないための換気と消臭対策です。ニオイがその空間に長く存在すると、それだけ布製品へニオイが移りますので、なるべく早くその場からなくすことが重要です。
また、布製品にニオイがついてしまったら、なるべく早く洗うなどしてニオイの元を取り除きましょう。洗いにくい大型の布製品は、消臭・除菌スプレーをしても効果的です。

臭気判定士
富樫真生さん

ニオイが変われば集中力も変わる

ファブリーズの正しい使い方

20~30cm離して表面が全体的にしっとり湿り気を帯びる程度に十分スプレーしてください。

ファブリーズダブル除菌

布用消臭スプレー ファブリーズダブル除菌

  • アマゾン オンラインショップ
  • ロハコ オンラインショップ
  • マイレピ オンラインショップ

平均3.5回(前2回、裏1回程度)しかスプレーしない方が多いことが分かっています。
布地がしっかりと濡れるほど、均等にスプレーすることが重要です。
乾いた後に消臭効果を発揮するので、使用する直前ではなく、布地が乾く時間を考慮してスプレーしましょう。

ファブリーズは、気になる部屋のニオイ、タバコやペットのニオイなどを解消する消臭・芳香剤を提供しています。
除菌もできる消臭スプレーや、空間を香りで彩るクリップ型消臭・芳香剤などでニオイでお悩みの方のニーズにお応えします。

ファブリーズの安全性について P&GのライフスタイルWEBサイト マイレピ
友達にシェアする