心も身体もリフレッシュ!トラベルジャーナリストが教える“オトナの一人旅”計画

200065
0

2018年も半分を過ぎました。この夏は、この半年分の疲れをリセットして、元気をチャージする旅行に出かけてみませんか?今回は、トラベルジャーナリストの石井宏子さんに、オトナの夏休み計画の企て方と、心も体もリフレッシュしてキレイになれる旅先を教えてもらいました。

トラベルジャーナリスト 石井 宏子さん

[教えてくれた人]トラベルジャーナリスト
石井 宏子さん


オトナの人生には“夏休み”が必要!

現代の私たちは、インターネットなどのさまざまな情報に毎日触れており、脳は常にフル回転、知らず知らずのうちにオーバーヒート気味になっていることも。時には、そんな日常から離れて、脳や心、体をノイズから解放し、完全にスイッチを切ってあげることが大切です。

旅には、普段と違う環境に身をおくことで気持ちがリセットされる「転地効果」があります。何もせずにぼーっとして、また頑張ろうと思えること。それが、50代をさらに豊かにするための、夏休みの過ごし方だと思います。


自分のための夏休みを楽しむ3つの方法

① 自分の直感を大切にする

旅に出ると決めたら、最初のインスピレーションを大切に。「静かな山」「おいしい魚」など、心惹かれるキーワードから、行き先を探しましょう。話題のスポットだからといった理由や、周りの人の都合などを考えてしまうと、自分が満足できる旅にはなりにくくなります。そこから、一人で行くのか、家族と行くのか、女友達と行くかを決めていくと、自分のための夏休みになりますよ。

② “完全オフ”の日をつくる

オトナの旅では、「何もしない」ことを大切にしたいもの。だから、1カ所に2泊以上連泊するロングステイをおすすめします。2泊すると、移動のない本当の“オフの日”が1日できますね。もちろん、それが長くなればなるほど、リラックスできる日が増えていきます。行ってから行きたいところを見つけたり、暮らすように旅する、そんなスタイルもおすすめです。

③ 楽しみを1つ予約しておく

予定はあまり決め込まないのがおすすめですが、何も決めないことがストレスになる場合もあるので、スパトリートメントや高級ディナーなど、自分のテンションの上がる楽しみな予定を一つか二つ、予約しておくといいでしょう。


オトナを休む、夏休みの旅先3選

① 動くものは景色だけ!静けさに身を委ねる「里山温泉」

米どころで知られる新潟南魚沼市の大沢山温泉にある宿、「里山十帖」。日本百名山、巻機山(まきはたやま)を始めとする標高2000m級の山々を一望できる露天風呂からは、人工物はまったく見えません。

晴れた日の夜には月が静かに輝き、文字通り“月光浴“を楽しめます。くっきりとした天の川が頭上を横切ることも!温泉は化粧水のようにとろりとした感触で、肌の汚れもリセットできます。

古民家を改装した母屋では、地元の生産者から直接仕入れたオーガニックデトックスメニューがいただけます。自然の恵みに感動しながら、心も体もデトックスでき、エネルギーをチャージできる旅です。

▲湯処「天の川」から、雲が形を変えながら流れていく。

【ACCESS】

東京駅から約1時間40分

東京駅から上越新幹線で越後湯沢駅へ約1時間20分。

越後湯沢で在来線に乗り換え約10分、大沢駅下車。

大沢駅から送迎で約5分。

※館内は全面禁煙。小学校中学年以下の子供の利用は1日1組のみ(客室限定)となります。

ホームページはこちら

② 暮らすように旅したい!ゆるりと過ごす夏の温泉地「大分県長湯温泉」

大分県の久住山(くじゅうさん)系の麓にある「長湯温泉」は、日本でも希少な炭酸泉の湧出地。温泉や食事処、散策スポットが点在しており、長期滞在にぴったりです。付近は豊かな自然に囲まれ、散策しながら程よい運動や散歩が楽しめます。地元の食材をふんだんに使った栄養豊かな郷土料理もおすすめです。

しゅわしゅわ弾ける温泉でデトックス
ラムネ温泉館

外湯の「ラムネ温泉館」の炭酸泉は、血行を高め、むくみを解消するデトックス効果にすぐれています。体温に近い37℃のぬる湯なので、夏でもゆったり長湯が楽しめます。

肌には泡がびっしり。この泡が皮膚に吸収されることで血行促進へ。日本屈指の炭酸泉を一度体験してみては?

【ACCESS】

【大分方面から】

県道30号線「長湯山脇三叉路」を左折。橋を渡り左折後すぐ。

【竹田方面から】

国道57号「竹田市会々七里」の交差点を県道47号線に入り、まっすぐ長湯方面へ。

県道30号線を右折し、「長湯山脇三叉路」を右折。橋を渡り左折後すぐ。

【久住方面から】

国道442号より県道30号線に入り、長湯方面へ。「長湯山脇三叉路」を左折。橋を渡り左折後すぐ。

ホームページはこちら

木漏れ日溢れる宿で、おこもりステイ「B・B・C長湯」

全室に自炊ができるキッチンを備えたロングステイ型プチホテル「B・B・C長湯」。長湯滞在の拠点にすれば、数ある外湯を巡ったり、とれたての野菜を買い込んで料理をしたりと、暮らすような旅が楽しめます。敷地内には小さな図書館も。木漏れ日の中で静かな時間を過ごせます。

【ACCESS】

福岡市内より約3時間

① 大分自動車道・湯布院ICから湯平温泉経由 約50分

② 大分自動車道・光吉ICから国道442号線→県道412号線 約40分

北九州市より約3時間

国道10号線→大分自動車道・光吉ICから国道442号線→県道412号線約40分

熊本市より約2時間30分

国道57号線→竹田消防署を過ぎ、「会々交差点」より県道47号に入り約30分

JR/バスでお越しの方

① JR豊肥線 大分駅→竹田市コミュニティバス(大分駅前出発)で1時間50分「長湯車庫バス停」下車徒歩10分

② JR豊肥線 豊後竹田駅からバスで約45分「長湯バス停」下車徒歩8分

ホームページはこちら

③ はるか南へ。別世界の美しさに癒される「星野リゾート・離島編」

旅の「転地効果」は、遠く離れるほど大きくなります。沖縄の離島まで足を伸ばしてみませんか?地続きでない島は、旅に出たという実感をより得られやすいものです。今回は、沖縄の離島の2つの「星野リゾート」をご紹介します。

珊瑚の海に浮かぶ、オトナのリゾート「星のや竹富島」

石垣島から船で10分の竹富島。「星のや竹富島」は、夫婦や同年代のご友人とオトナのリゾートを堪能するのにおすすめです。沖縄の三線の音のように、ゆったりした島時間に身を置いて、とことん心身を解放する。何もせずに身を委ねるのが正しい過ごし方といえるでしょう。

【ACCESS】

石垣港からは、竹富港へと到着するフェリーにお乗りください。 竹富港から星のや 竹富島への送迎は、専用のお車をご用意しております。 14:15〜17:45(夏は18:15)までの毎時15分と45分に 竹富港にお迎えに上がります。

ホームページはこちら

オトナの五感を刺激する、美しき秘境を堪能「ホテル ニラカナイ 西表島(旧:ホテルリゾナーレ西表島)」

自然と触れ合ってリフレッシュしたい方は、西表島にある「ホテルニライカナイ」がおすすめ。自然と一体になる経験は、究極の癒しです。マングローブの林の中でカヤックやストレッチを楽しんだり、宝石のように美しいビーチを散策したりと、秘境を思う存分探索してみてはいかが?

【ACCESS】

石垣空港から石垣島離島ターミナルへ。 離島ターミナルから高速船で45分。西表島上原港から車で約5分

ホームページはこちら


石井宏子さんからオトナの女性へメッセージ

誰でも旅に出て、“こんな遠くまで来ちゃった”と感じたことがあるでしょう。普段いる場所から離れることで五感が研ぎ澄まされ、さまざまなものに出会うことで刺激を受け、心には新しい風が吹いてきます。

心や脳、体をいつも上手にリセットし、みずみずしく保つことが、素敵な50代につながると思います。ぜひ、自分の心の声に耳をすませて、自分らしい夏休みを過ごしてください。


0

コメントを投稿しよう!(投稿にはログインが必要です。会員でない方は今すぐ登録しよう!)

今、あなたにオススメ