子どもが“本好き”になる!ママと子どもの読書のヒント

子どもが“本好き”になる!ママと子どもの読書のヒント

0
子どもが“本好き”になってくれるかどうかは、ママたちの大問題。読書が「勉強」になる前になんとかしたいけど、無理強いはしたくない…。自然に本に親しみを持ってほしい。そんなママたちのために、子どもと本との上手な付き合い方のヒントを集めました。お子さんの年ごろにあった方法を試してみて!

本という“モノ”に興味を持たせる

まだ小さいお子さんには、柔らかい素材やボール紙などで作られた、丈夫な幼児用の絵本に触れさせましょう。ママが絵を説明したり、絵に合わせて簡単な言葉でお話を聞かせたりすることで、子どもはまず文字よりも「本」というモノに興味を持ち始め、次第に言葉も覚えていくように。さらに、図書館を活用するのもオススメ!子どもを図書館の幼児向けのコーナーに連れていって、好きな絵本を選ばせてあげましょう。

ママと一緒の読み聞かせ時間

幼稚園に入るころの子どもは、ベッドで読み聞かせをしてもらうのが大好きです。リラックスして眠れるだけでなく、ママと二人きりの親密な時間は子どもを安心させます。リラックスした状態で本を読んであげることで、子どもの想像力は豊かになり、それが言葉の発達にもつながります。

小学生に入るころの子どもには、読み聞かせの時間をできるだけ長くとり、お子さん自身にも本を読ませてあげてください。ママと一緒に読んだり、交代で読んだりするのもいいでしょう。たとえ上手に読めなくても、イライラしたり、叱ったりしてはいけません。本好きになるための秘訣は、読むのが上達したら必ず褒めてあげること!

本屋さんを一緒に見て回って好きな本を選ばせるのも、子どもの自発性を引き出すのにとても効果的です。

身近なものの情報を読み解く

“本好き”になるために役立つのは本だけではありません。子どもが読書に慣れてきたら、広告やポスター、お菓子のパッケージ、交通標識など、身近なものに書かれた情報を一緒に読み解くゲームをしてみましょう。絵を見て、文字を読んで、自分の頭で考え、想像してみるといった作業は、実は読書とまったく同じなのです。身の回りにあふれる情報を読み解き、自分を取り巻く世界を理解すること。それが読書だと気づいてくれたら。ほら、ちいさな読書家の誕生です。


ほのかな香りでママと子どものリラックスタイムを
レノア本格消臭 リラックスアロマの香り
レノア本格消臭 リラックスアロマの香り
クチコミ★★★★★
特にパジャマや寝具などからこの香りがすることによって、リラックス効果があって快眠できそうです。消臭効果が高く洗濯物の嫌な臭いも気にならなくなりました。
オンラインストアでチェック
  • LOHACO
  • amazon
  • 楽天

柔軟剤との組み合わせで衣類もお部屋もお好きな香りに
レノアハピネス アロマジュエル エメラルドブリーズの香り
レノアハピネス アロマジュエル エメラルドブリーズの香り
クチコミ★★★★★
お洗濯すると部屋中がいい香りです。 もちろん洗濯後の衣類もいい香りです。 我が家のお気に入りです。
オンラインストアでチェック
  • LOHACO
  • amazon
  • 楽天

 マイレピ
マイレピとは?
季節のトピックやトレンド、お役立ち記事、会員限定プレゼントも♪新規会員登録(無料)で、総額2,000円以上のクーポンももれなく!
0

コメントを投稿しよう!(投稿にはログインが必要です。会員でない方は今すぐ登録しよう!)

今、あなたにオススメ

Cookie Consent