MyRepi Logo

家庭で洗える!浴衣の洗濯方法

家庭で洗える!浴衣の洗濯方法

覚えておきたい浴衣のお手入れいろいろと、帯のお手入れ法もチェック!

浴衣を洗った後のちょっとしたシワや、着用後の注意点など、覚えておくと得するお手入れ法をご紹介。併せて、帯のお手入れ法も覚えておきましょう。

洗濯後の気になるシワにアイロンはOK?

洗濯絵表示で、アイロンがけができるものは、温度設定などを守ってアイロンがけを行います。シワ部分に霧吹きをかけて湿らせ、テカリ防止のあて布を当ててアイロンがけを。

着用後すぐにしておきたいお手入れは?

1~2回の着用で洗うほどではなくても、汗で湿っていることが考えられるので、たたんでしまわず、和装ハンガーにかけて、陰干しをしておきましょう。ニオイが気になる時は、衣類用消臭スプレーなどを利用するのもおすすめです。ただし、シミや色落ちがしないか確認してから使用を!

シーズンオフの収納方法は?

シーズン中に家庭で洗濯していても、気付かない汚れやシミが残っている可能性もあるので、できればシーズンオフに入る前には、クリーニングに出してから収納するのがおすすめ。
クリーニング後は、一度風に当てて湿気を取り、「たとう紙」などの和服専用の収納ケースに入れて、湿気のない平らな場所にしまっておきましょう。

CHECK 帯のお手入れ法
帯は、基本的には洗えないものと考えましょう。汗などの湿気や汚れが気になる場合は、乾いたタオルで拭いた後、陰干ししておきます。シミなどが付いた場合は、クリーニングへ。
一部、子ども用の兵児帯(へこおび)や、ポリエステル・化繊など洗える素材のものもありますが、洗濯機はNG。手洗いで、浴衣同様にやさしく押し洗いを。こちらも色落ちに注意を!

●監修:中村 安秀
「クリーニングショップ中村」(大阪)店長
https://cl-nakamura.com/

< 前ページ

> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック

> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック