MyRepi Logo

家庭で洗える!布団の洗い方

家庭で洗える!布団の洗い方

毎日肌に触れるものだから、清潔に保ちたい布団。天日干しだけでは取れない汗やニオイを除去するにはお洗濯が一番ですが、家では洗えない…とあきらめていませんか?実は家庭で洗える素材のものもあり、正しく洗えば羽布団もふわふわに!家庭での布団の洗濯方法についてチェックしてみましょう。。

自宅で洗える布団って?

まずは取り扱い絵表示をチェック!

取り扱い絵表示に、洗濯機マークや手洗いマークがついていれば家で洗ってもOKです。一方、水洗い不可のマークがついている場合は、家庭での洗濯は不可。クリーニング店におまかせするのがベターです。

布団の大きさをチェック!

洗濯機で洗う場合は、布団が洗濯機に入ることが必須条件。洗濯機の7~8割くらいで収まるようなら洗濯機で洗えます。目安としては、容量が7kg以上のファミリーサイズの洗濯機なら、ダブルサイズの敷パッドやセミダブルの肌掛け布団がOK。容量が5kg程度の1~2人暮らし用の洗濯機なら、シングルサイズの敷パッドや肌掛け布団までが精一杯でしょう。もし、それ以上の大きさの布団ならば、浴槽での踏み洗いがおすすめです。

素材によっては洗濯が難しい場合も

素材が、ポリエステルやアクリルなどの化繊であれば問題ありませんが、ウレタンや羊毛100%の布団は難しいでしょう。

  • 羊毛は水に濡らしてこすると縮みの原因になるため、洗濯機ではなく浴槽での踏み洗いがベター。

  • ウレタンは中身がスポンジ状になっていて水を吸ってしまうため、乾燥が難しく水洗いには適しません。

  • 羽毛布団は基本的に洗濯OKですが、生地がシルクの場合は洗うと傷めてしまう可能性があります。

布団を洗う際に必要なものは?

  • おしゃれ着用洗剤
    洗剤は水に溶けやすい液体洗剤がおすすめ。特に羽毛布団は、アルカリ洗剤を使うと油分を取りすぎてしまい、ふわふわに仕上がりません。中性のおしゃれ着用洗剤が適しています。

  • 寝具用の洗濯ネット
    布団をそのまま洗濯機に入れてしまうと、生地がこすれて破れてしまうことも。布団が入る大きな洗濯ネットは必須です。

  • 布団を干せるスペース
    布団を洗ったあと、乾燥が不十分だとカビやニオイの原因に!できれば、布団を広げて陰干しできるスペースがあるのがベターです。乾燥機を使用する場合は、かなりの大型でなければ、生地がこすれて傷みの原因になってしまいます。

次ページでは、具体的な洗濯方法をご紹介します!

クチコミ
ボールドと出会ってからボールド商品の大ファンです。香りにうるさい家族達もボールドの香りは気に入っています。おしゃれ着洗いももちろんボールド。優しく洗えて香りも良くて大好きです。容器もとっても可愛いです。
> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック

クチコミ
布団シーツをこれでお洗濯するとほんのりよい香りで幸せな気持ちになります。 お洋服も気持ちよく着られる程よい良い香りです。
> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック