Skip to main content
×

自宅で清潔に!赤ちゃんの服・ベビー服の正しい洗い方・洗濯方法

自宅で清潔に!赤ちゃんの服・ベビー服の正しい洗い方・洗濯方法

赤ちゃんの肌はとってもデリケート。だからベビー服を洗うときも気を付けなくてはなりませんよね。そこで、衣類が柔らかくなるおすすめの洗濯法をご紹介します。

<目次>

洗濯選びのポイント

ベビー服

蛍光剤・漂白剤・着色料無添加タイプで!

赤ちゃんの衣類は直接肌に触れるものだから、綿素材のものを選んでいる方も多いはず。でも何といっても大切なのは、ベビー服に最適な洗剤を選ぶことです。デリケートな赤ちゃんの肌を守るため、余分な成分の入っていない、蛍光剤・漂白剤・着色料が無添加なものがオススメ。

柔軟剤も敏感肌向けをチョイス!

肌にふんわり柔らか仕上げに欠かせない柔軟剤の中にも赤ちゃんの肌を考慮して作られたものもあるので、そういったタイプを選ぶようにするとさらに安心!

洗濯でもデリケート肌に心配りを

洗濯でもデリケート肌に心配りを

赤ちゃんの衣類は使う前に“水通し”を。

水通しとは、赤ちゃんの衣類などを使用する前に一度水で洗うことです。水通しを行うことで、赤ちゃんの肌に起こりやすいトラブルを未然に防ぐことができます。出産間近になると体に負担がかかってしまうので、妊娠中から水通しをしておけば安心ですね。お下がりとしてもらった衣類も水通しするとよいでしょう。

大人の衣類との分け洗いについて

赤ちゃんの肌は、大人が使用している洗濯洗剤や柔軟剤によって肌トラブルを引き起こす可能性があります。一緒に洗う場合は、赤ちゃんの衣類を優先して洗剤を選ぶように。

また、大人用の新品の衣類などを洗う際は、加工に使われているホルムアルデヒドが付着している可能性があるため、別々に洗濯したほうがよいでしょう。

一緒に洗濯するとき、型崩れが心配だったり、マジックテープがひっつくのが気になるなら、赤ちゃんの衣類は洗濯ネットに入れてお洗濯しましょう。

洗剤の入れすぎに注意!

洗剤を入れすぎると衣類に残留することがあるので、洗剤の量は規定量より入れすぎないようにしましょう。

洗剤を多めに入れたからといって、必ずしも汚れ落ちがいいわけではありません。かといって、少なすぎると汚れが十分に落ちない場合も……。基本は、取り扱い表示に注意し、適量の洗剤で洗うことですね。

すすぎにも注意!

赤ちゃんの肌はとってもデリケートですから、ベビー服のすすぎにも十分ご注意を。洗濯後に洗剤などの残留物が衣類に付着しないよう、すすぎはキレイな真水でしっかりと! コースが選べる洗濯機なら、しっかりモードがオススメ!

漂白剤類は使用を避けて!

万一しつこいシミがある場合にも、漂白剤類は赤ちゃんの肌には刺激が強すぎるので、なるべく使わないほうがよいでしょう。

この記事を読んだ人にはこちらの記事もおすすめ!

ぬいぐるみを自宅でふわふわに洗い上げる洗濯方法

忙しい人に!洗濯を時短で済ませるコツ

洗濯物のいい香りを長くキープするコツ

クチコミ
乳児用の肌に直接触れるものにいつも使っています。香りも優しく、肌触りもいいです。無添加で使うならこれが1番です。
> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック

クチコミ
優しい香りで仕上がりもほわほわ。 子供の為に購入していますが、たまに、私のお洗濯物にも使用しています!
> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック

記事カテゴリー

サイトTOP