MyRepi Logo

覚えておきたい!アイロンがけの基本

覚えておきたい!アイロンがけの基本

衣類の種類別、正しいアイロンのかけ方

シャツ

アイロンがけの頻度が最も高いシャツ。人目につきやすい襟と袖口の部分をしっかりプレスすることが、きれいに見せる秘訣です。
※ワイシャツのアイロンがけの順番はこちらを参考に。

<How to>

  1. 前身頃のアイロンがけを終えた後、最後に襟を立て、付け根部分を1周ぐるりとプレスすると、キリリとした印象に仕上がります。

  2. 袖口

    襟と同様、最後に袖口にアイロンを入れ、ぐるりと一周プレスすると、きれいに仕上がります。

ジャケット

シャツより立体的なジャケットは難易度が高い衣類ですが、ポイントを押さえれば意外とキレイに仕上げることができます。

<How to>

  1. 身頃を裏向けに置いて縫い代をプレス

    身頃部分を裏向けにして、アイロン台に着せるようにして置き、縫い代部分をしっかりとアイロンで押さえて寝かせます。この工程を先に行うことで、全体のゴワツキを解消できます。

  2. 袖部分はやさしく、ていねいに

    立体的で幅が細い袖は、油断していると余計な折れ線をつけてしまいがちな難関部分。細心の注意を払って、やさしくていねいにかけましょう。袖部分をアイロン台からはみ出るように置くと、端がプレスされないので折れ線がつくのを防げます。

  3. 立体的な肩部分にはタオルを挿入

    立体的な肩部分は、アイロン台に置くと盛り上がってしまって、アイロンをかけるのが困難。そんなときは、袖幅におりたたんだタオルを中に入れるのが正解。反対の手で下から支えながらやさしくプレスしましょう。

  4. 襟や身頃は、シワが目立つ部分を重点的に

    襟や前・後ろ身頃はシワが目立つ部分のみをプレスするだけでも、見た目がキレイになります。襟は裏側から反対の手で引っ張りながらかけると上手にできます。

スラックス

かける順番を守って最後に折り目をつけることが、きれいに仕上げる秘訣です。

<How to>

  1. 腰回り&ヒップ部分

    生地を裏側にしてアイロン台にはかせるようにして置き、プレスします。その後、表に返して軽くプレスします。

  2. 足部分

    片足ずつ縫い目に合わせてアイロン台に置きます。膝はらせん状にスチームを当てて、たるみをとり、裾が動かないように反対の手で押さえながら、裾から股下にかけてプレスします。

  3. 折り目をつける

    最後の仕上げには、前後の折り目をしっかりとつけます。

● 監修:中村 安秀
「クリーニングショップ中村」(大阪)店長
http://cl-nakamura.com/

< 前ページ

> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック

> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック