MyRepi Logo

カーペットの洗濯方法について!清潔に保つ秘訣

カーペットの洗濯方法について!清潔に保つ秘訣

ハウスダストや皮脂、ペットの汚れなどが付着して、意外と汚れているカーペット。丸洗いするのが難しくて、気になりつつも何もしていないという方も多いのでは?クリーニングに出すのも一つですが、カーペットの汚れやシミ対策など、少しでもカーペットを清潔に保って、快適に過ごす方法をご紹介!

気になる黒ズミは、希薄した中性洗剤で拭き掃除を

カーペットの汚れのほとんどは、足の裏の皮脂が繰り返し付着したもの。なんとなく黒ずんできたと感じたら、洗濯用中性洗剤か、食器用洗剤を使用して拭き掃除をします。


<How to>

  1. 最初に色落ちテストを!
    カーペットには様々な素材がありますが、洗剤や水を使ってキレイにする際に一番気をつけたいのが色落ちするかどうか。色鮮やかな天然素材の場合、色落ちしてしまう可能性が。目立たない部分に中性洗剤の原液をつけ、5分ほどおいてからティッシュなどで押さえてみましょう。色落ちしている場合は、洗剤を使った掃除は不向きです。

    洗剤を薄めた水で固く絞る

    色落ちテストで、色落ちが気にならなければ拭き掃除を開始!バケツなどに水を入れ、1ℓの水に対して約10mg程度(ウール素材の場合は2mg程度)の洗剤を入れて薄めた洗剤液を作ります。雑巾を浸して固く絞り、全体を拭き掃除します。

    ※カーペットが濡れ過ぎてしまうとシミが広がる可能性も…。少し湿るくらいまで、すぐに乾くくらいを目安にしましょう。

    毛並みを傷めないようやさしく!

    汚れが広がらないように外側から中心に向かって少しずつ拭くのがコツ。ゴシゴシこすると毛並みを傷つけてしまうので、やさしく行いましょう。

  2. 固く絞った雑巾で水拭きを繰り返す
    カーペットの繊維に洗剤液を浸透させてしばらく置いたのち、水で固く絞った雑巾で、洗剤が落ちるまでしっかりと水拭きを繰り返します。洗剤が残っていると、ニオイなどの原因になるので、キレイに拭き取れるまで何度も繰り返して拭きましょう。
    その後、乾いたタオルで水分をしっかり拭き取ります。最後の仕上げにドライヤーの冷風や扇風機の風を当てるのもおすすめ。

    POINT

    カーペットは濡れると乾きにくいので、お手入れ時も可能な限り濡らさずに、できるだけ早く・しっかりと乾かせるかがポイントです。

次ページ >

> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック

> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック

> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック