MyRepi Logo

カーペットの洗濯方法について!清潔に保つ秘訣

カーペットの洗濯方法について!清潔に保つ秘訣

汚れはすぐに取り除くのが鉄則!

頻繁に洗えないからこそ、汚れがついてしまったら蓄積しないのが、いつまでもキレイに保つ一番の秘訣です。たとえばシミができてしまったら放置せず、すぐに汚れの種類に応じた方法で除去しましょう。

汚れの種類別、シミ取り法

<How to>

  1. 水溶性のシミ
    (しょうゆ、ソース、お茶、コーヒー、ジュース、ペットの尿、血液など)
    基本的に水洗いで落ちるのが水溶性のシミ。まずは汚れが広がらないように乾いた布やティッシュペーパーで水分を吸い取ったのち、水で固く絞った雑巾で軽くたたいて汚れを落とします。時間が経ったり熱が加わったりして、水だけでは落ちない場合は、台所用中性洗剤を少量混ぜて薄めた水に、雑巾を含ませて固く絞ってから、ポンポンと叩いてシミを取り除きます。シミが取れたら、水拭きしてカーペットについた洗剤をすべて取り除きましょう。
    その後、乾いたタオルなどで水分をしっかりと取り、早く乾かせます。

  2. 油溶性のシミ
    (油脂を含む食品、機械油、ペン類、化粧品など)
    油溶性のシミには、クレンジングオイルを使用します。クレンジングオイルを含ませたブラシや綿棒、布などで、シミの部分をやさしく叩いて汚れを取り除き、最後に水拭きをします。油溶性のシミは、水溶性の成分と一緒に付着している場合が多いので、クレンジングオイルだけでは取れないことも。そんな時は、クレンジングオイルで落ちる汚れのみ落とし、その後、水溶性のシミを落とす方法で、汚れを取り除きます。

  3. 不溶性のシミ
    (泥汚れ、墨汁、ちり、ほこりなど)
    泥汚れなど、洗剤で落ちない不溶性の汚れは、繊維の中に入り込んだ粒状の物質をブラシなどで取り除くことが必要です。よく乾かしてから、歯ブラシなどでたたき出しましょう。強くこする必要があるので、デリケートな素材は、傷めてしまう場合があるため注意してください。

  4. シミが残ってしまったら…
    上記の方法でもシミが落ちない場合は、液体酸素系漂白剤を試してみましょう。漂白剤を薄めた液体に浸した布で、汚れた部分の繊維に液体を染み込ませてしばらく置いたのち、水で固く絞った布で汚れを移すように叩きます。この水拭きを何度も繰り返し、漂白剤をすべて取り除いた後は、乾いたタオルなどで水分を拭き取り、手早く乾かして完了。


●監修:中村 安秀
「クリーニングショップ中村」(大阪)店長
https://cl-nakamura.com/

< 前ページ

漂白剤なしでも強力洗浄!すすぎ1回でOK!

アリエール イオンパワージェル サイエンスプラス

> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック

おしゃれ着やデリケートな衣類をおうちで洗いたいときに

ボールド 香りのおしゃれ着洗剤

> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック

なかなか洗えないものにシュッ!で瞬間お洗たく!

ファブリーズ ダブル除菌

> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック