Skip to main content
×
頑固な食べ物の油染みも簡単に!諦めていた服の汚れの落とし方とは

赤ちゃんや小さいお子さんがいるご家庭では、自然と洗濯物が多くなります。 なかでも食べこぼしの汚れがなかなか落ちず、洗濯に苦労している人も多いのではないでしょうか。

特に油汚れなど、しぶといシミをきれいに落とすのは大変ですよね。

洗濯物を手間かけずにきれいにすることが出来たら、きっと日々の家事の負担もぐっと軽くなると思いませんか?

今回は通常の洗濯では落とすのが面倒なシミの特徴や効果的な落とし方を紹介します。


代表的な3つの“シミ”の特徴と落とし方

食べこぼしや飛び跳ねなど、不注意でついてしまった衣類のシミ。 お子さんに似合うと思い、購入した服があっという間に汚れてしまった……なんてことも。

服につくシミ汚れは「水溶性・水油性・油溶性」の大きく3つのタイプに分類されます。

これらのシミにはどういう特徴や染み抜きの方法があるのでしょうか。

水溶性のシミとは水に溶けやすいタイプのシミのことです。

水溶性のシミ

<落し方>
台所用洗剤を使用すれば、大体のシミを落とすことができるため落とす手間は少なく済みます。

ただし、油断は禁物。時間が経つと酸化して落ちにくくなるため、シミが出来たらすぐに洗濯するようにしましょう。

水油性のシミは油を使った料理や調味料など、水分と油分を多く含む汚れのことです。

水油性のシミ

<落し方>
水で洗っても服の繊維に汚れが残り、るため、染み抜きをしてもシミが落ちないこともあります。

水と食器用中性洗剤を使い表面の油の膜を取ったうえ上で、繊維についた汚れを落とす必要があります。

油溶性のシミは水に溶けにくい性質を持っています。

油溶性のシミ

<落し方>
油は冷たい水には溶けにくいため、お湯で洗濯しましょう。 そうすることで粘度を下げ布の繊維から浮きやすくします。

布地によって使用できる温度が異なるため、事前に洗濯表示タグで確認してくださいね。


ここまで、シミの特徴と落し方を紹介しました。

それでも、染み抜きって何だかんだ言って手間で面倒ですし、染み抜きをしても、今までの液体洗剤やジェルボールでは油汚れが落ちきらず途方にくれたことはありませんか?

でも、そんな悩みを解決する方法が実はあるんです!

諦めていた服の油染みもきれいに落とす「アリエールジェルボール4D プロクリーン」

アリエールジェルボール4D プロクリーン

「アリエールジェルボール4D プロクリーン」は、これまで当たり前と思っていた漂白剤と洗剤の併用をしなくても、油染みの悩みから解放されるはず!

使い方はとっても簡単♪  「アリエールジェルボール4D プロクリーン」を洗濯機にポンッと1粒入れるだけ!なので、時間がない時でもすぐに使えます。

使い方

「最高量の洗浄成分*2配合」で頑固な食べ物の油汚れも落としてくれます!

単に汚れを落とすだけでなく衣類の抗菌もしてくれるので、いつも清潔な服で赤ちゃんや小さなお子さんを包んであげられるのも魅力ですね。

10X洗浄

アリエールジェルボール4D プロクリーンの3つ魅力

①最高量の洗浄成分*2が含まれており、頑固な油系食べ物汚れに洗濯機投入の漂白剤を超えた洗浄力*1があります。

②大切な衣類の抗菌*3ができます。目に見えない菌まで抑えることで大切なお子さんはもちろん、家族の健康を守ります。

③洗濯機や洗濯物の悪臭の原因となる洗濯槽のカビを防止します。






たった1粒でしつこい油染み汚れもスッキリ!

食べこぼしやシャツのエリそで汚れなども一気に洗浄。頑固なシミも落とす!

大切な衣類を頑固な食べ物系の油染みから守りたい方は、「アリエールジェルボール4D プロクリーン」がおすすめ!

少しでも家事の時間やストレスを減らすことができれば、日々の子育てや仕事に時間を回したり、家族との時間をもっと増やしたりすることができるようになるかもしれませんよ。

「こんな時、どうする?」シミの種類別 外出時の応急処置法

シミの種類別 外出時の応急処置法

水溶性のシミ

汚れが服についたらすぐにティッシュや乾いた布でシミを押さえましょう。 そして水分や固形物を取り除いてください。

シミの裏側にハンカチなどの乾いた布をあてて、濡らしたティッシュでポンポンと叩いてシミを移し取ります。

水油性のシミ

まず肉や野菜などの固形物を取り除きましょう。

次にシミになっている部分を、水で濡らしたティッシュでつまみ、汚れを移し取ります。 この時にこすらないことが落ちやすくするポイントです。

最後に乾いたハンカチやティッシュでシミがあった部分を押さえて水分を取り、自然乾燥させてください。

油溶性のシミ

<外出先でアルコールが手に入る場合>
ティッシュを敷いた上に汚れた面を下にして服を置きます。次に汚れの裏側からアルコールをかけて、トントンと叩きます。

<アルコールが手に入らない場合>
乾いた布でシミを浮かせるようにつまんでください。もしあるなら中性洗剤でシミができた部分に少しだけ付けて、ティッシュや布でトントンと叩きましょう。

この記事を読んだ人にはこちらの記事もおすすめ!

血液のシミの落とし方

頑固なシミとニオイにさようなら!漂白剤の種類・特徴・正しい使い方

ガンコな汚れを落として、すっきり真っ白に!【クリーニング店監修】

クチコミ
あまり漂白剤が好きではありません。よく入れすぎたりして、失敗をしています。そのため、シャツなど少々黄ばんでも我慢をしていました。それがジェルボール4Dプロクリーンのおかげで、びっくりの白!!全く手間も要らず、そして、失敗なし!本当に嬉しいです。
> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック