アーユルヴェーダマスターが教える!この夏 “毒出し美人”になる方法[前編]

otona-article-160810
0

暑い日が続き、体調を崩していませんか?暑さによる疲れやストレスや、冷房による冷えなどで体の循環が滞り、なぜか体調がすぐれない…。その原因は、体の中の “毒”。今回はオトナ世代にピッタリの、手軽にできるデトックス法を専門家が伝授!毒素をスッキリ排出して、夏の元気を取り戻しましょう!

アーユルヴェーダ・マスター 西川 眞知子 先生

[教えてくれた人]アーユルヴェーダ・マスター
西川 眞知子 先生


今日から始められる!夏の毒出し5選

1.朝一番の白湯で、内臓を綺麗に

「白湯」は、体内に溜まった毒を出して浄化してくれる、シンプルかつ最強の毒出しドリンクです。朝起きて1杯飲めば、夜に溜まった毒を洗い流してくれます。食前・食中に飲むと食事の消化を促してくれます。さらに就寝前の一杯も、解毒の味方です。目安は1日で1ℓ程度です。

■「白湯」の作り方

  • ①やかん(土鍋か鉄瓶だとなおよい)に水1ℓを入れ、強火にかけます。
  • ②沸騰しはじめたら、ふたを開け、中火にして約10分煮立たせます。
  • ③火を止めてコップに移し、80℃くらいに冷めたところで、ズズッとすするように飲みます。

★ポットのお湯でも大丈夫です!

2.毒出しスパイス「ショウガ」を使いこなす

ショウガは体をあたためて血の巡りを良くする、高いデトックス効果を持っています。特に、食前に食べると消化力が高まり、未消化のものが毒素として体に溜まるのを防いでくれます。

■レシピ①「ショウガ湯」

  • ①鍋に水2ℓとショウガスライス10枚を入れて火にかけます。
  • ②沸騰したらふたをあけて弱火にします。
  • ③20分ほど火にかけてお湯が3/4くらいの量になったらでき上がり。

■レシピ②「ショウガスライス」

生のショウガ1/3をスライス(またはみじん切り)にし、好みで塩少々とレモンを入れて、かじって食べます。

■レシピ③「はちみつショウガ」

おろしたショウガとはちみつを各大さじ1を混ぜ、好みでレモンやコショウ、クミンをふりかけます。食欲がない朝はこれをぬるま湯200mℓで割って飲むことで朝食がわりに。

■POINT

ショウガは皮に近いほど、辛み成分を多く含みます。辛み成分は抗酸化作用が強く、エイジングケア効果が高いので、よく洗って皮ごといただきましょう。

0

コメントを投稿しよう!(投稿にはログインが必要です。会員でない方は今すぐ登録しよう!)

今、あなたにオススメ