Skip to main content
×
【料理家が教える】10分でパパっと!じゃがいもの簡単レシピ

仕事をしている一人暮らしの方だと、ご飯を作る時間がなくて、スーパーやコンビニのお惣菜やお弁当で済ましてしまうことも多いのではないでしょうか? しかし、健康面を考えると自炊したいというのも本音かもしれません。

そこで、2014年に料理本のアカデミー賞とも呼ばれる「グルマン世界料理本大賞」ウーマンシェフ部門で世界2位を受賞され、ラジオやTV番組にも多数出演されているなぎさなおこさんに簡単レシピを教えてもらいました。

ジャガイモとキャベツのポテトサラダ

定番おかずのポテトサラダは、作り置きやお弁当にも人気のメニュー。

ポテトサラダといえば、マヨネーズが欠かせないイメージですが、今回はマヨネーズを使わないヘルシーなポテトサラダをご紹介します。

カロリーが気になる方や、マヨネーズが苦手な方にもぴったり。 にんじん・キャベツ・ベーコン・じゃがいもと色とりどりの楽しいポテトサラダです。

塩揉みや、水切りなどもなく、野菜をたっぷり炒めて作るタイプなので洗い物や調理工程も少なくて作りやすいレシピになっています。

ジャガイモとキャベツのポテトサラダ










ジャガイモとキャベツのポテトサラダの材料

ステップ1

ステップ1

じゃがいもは皮をむいて、鍋にひたひたの水とじゃがいもを入れて、小さじ1杯ほどの塩(分量外)を加えて水から茹でます。

柔らかくなったらザル上げしてしっかり水気を切っておきます。

ステップ2

ステップ2

キャベツとにんじんは千切りにします。たまねぎはスライスします。

ステップ3

ステップ3

ベーコンは1センチ幅くらいにカットします。

ステップ4

ステップ4

ゆで卵は粗みじん切りにします(ポリ袋に入れて潰すと洗い物も出なくて楽ちんです)。

ステップ5

ステップ5

フライパンにオリーブオイルを入れて、ベーコンとニンジンを炒めます。

ステップ6

ステップ6

ベーコンの良い香りがしてきたら、たまねぎとキャベツを加えて、塩、こしょうを軽く振ります。

ステップ7

ステップ7

ボウルで【ステップ1】のじゃがいもと【ステップ6】で出来上がったものを合わせた後、ゆで卵を加えて塩・こしょうで味を調えます。

完成!!

完成!!

揚げないポテサラ焼き春巻き

ポテトサラダを多めに作って、翌日まで楽しめるレシピです。

パリパリさくさくな春巻きは好きだけど、カロリーはもちろんですが、油で揚げると油の処理も気になります。

中の具材にあらかじめ火が通っていれば、たっぷりと油を使って揚げなくても、フライパンでこんがり焼くだけでヘルシーな春巻きが楽しめます。 市販のポテトサラダを使えばもっと手軽にできますよ。

揚げないポテサラ焼き春巻き






揚げないポテサラ焼き春巻きの材料

ステップ1

ステップ1

春巻きの皮の中心より少し手前に、ポテトサラダを30gくらいのせて、その上にピザ用チーズを乗せます(お好みでカレー粉を振っても‼︎)。

ステップ2

ステップ2

手前から巻いて、両端を折り込んで、手前から折りたたみます。

ステップ3

ステップ3

フライパンにオリーブオイルを敷いて、両面にこんがり焼き色がつくまで焼いて完成です。

完成!!

完成!!

さいごに:なぎささんからメッセージ

なぎささんからメッセージ

「じゃがいも」は、1年を通して手に入りやすく、カレーやポテトフライ、煮物や炒め物など家庭料理でも使いやすい馴染みのある食材です。

通気性の悪いポリ袋やビニール袋は、湿気がこもって腐敗の原因になるので、常温の場合は紙袋や市販の根菜用の保存袋など、通気性の良い袋に入れて保存しましょう。

りんごがある場合は、じゃがいもと一緒に袋の中へ保存するとりんごから発生するエチレンガスがじゃがいもの発芽を抑制するのでおすすめです。

以前は、ほくほく系の「男爵」と、しっとりして煮崩れしにくい「メークイン」の二択がスーパーでの主流でしたが、最近は「キタアカリ」や「インカのめざめ」など選択肢が増えました。

それぞれ特性や個性があるので、同じレシピでもジャガイモを変えるだけでも違った美味しさに出会うことができますよ。

なぎさなおこさん












この記事を読んだ人にはこちらの記事もおすすめ!

【料理家が教える】10分でパパっと!キャベツの簡単レシピ

【料理家が教える】腸内環境を整える簡単「腸活」レシピ

料理研究家が教える、ゲストも自分も楽しめる“ホームパーティー”の作り方

記事カテゴリー

サイトTOP