子どもと楽しむピクニック・パーティ

120015-2
0

子どもが喜ぶバスケット・ランチ

1.ミニ・ケバブ

どんな素材(特に野菜)も串に刺せば、たちまち楽しいメニューに変身する串焼きケバブ。チキン、プロセスチーズ、ソーセージ、キュウリ、パプリカ、チェリートマト、スライスサラミ、オリーブ、ピクルスなど…組み合わせは自由自在です。もちろん甘い食べ物で作っても美味。フルーツ・ケバブも人気のメニューです。

2.好きな具材でラップサンド

トルティーヤと一緒に好きな具材を容器に詰めて出かけましょう。グリルチキン、炒めたマッシュルームやタマネギ、すりおろしチーズ、スライストマト、刻んだレタス…ランチにはみんなそれぞれ好きな具材をトルティーヤで巻いて食べます。

3.みんなが大好きなフルーツ

リンゴやオレンジはつぶれにくく袋に詰めるだけと簡単。種なしブドウもおすすめです。モモやチェリーなどはやわらかく押さえつけると傷みやすいので、クーラーバッグかお弁当箱に入れましょう。さらにレーズンなどのドライフルーツなら、ハチミツを入れた小さなボトルと刻んだナッツを用意して、ディップにするのも美味しいです。ドライアプリコットともよく合いますね。

4.ベークド・ポテト

ピクニックに最適な料理として、アツアツのポテトは候補に上がらないかもしれません。しかしベークド・ポテトを事前に調理し、アルミホイルでぴったり包んでおけば、1時間ほどの保温が可能に。レジャーシートの上でアルミホイルを開くときに漂うバターの香りは、何物にも勝ります。

5.まるごとパンのローフ

パンの中に具材をいっぱい詰めたローフもピクニックにはピッタリのメニューです。レシピは1.食パン1斤を用意し、上の方を切り取って(切った部分は取っておく)中身を大きくくり抜く。2.そこにサラミやハム、チーズ、ゆで卵、オリーブ、焼いたトマトなどお好みの具材を詰める。3.切り取ったパンの上部をかぶせ、全体を十分に押さえつける。4.冷蔵庫で数時間(もしくは一晩)寝かせる。子どもたちの前で切り分けて、断面の美味しそうなビジュアルを見せるときっと大喜びするはずです。

6.食料を現地で調達する

みんなでフルーツを摘み取る果樹園でのピクニックなら、食料の心配は一切なし。さらにちょっとした贅沢気分を味わうなら、ホイップクリームをクーラーパックにたっぷり詰めて持参しましょう。チューブから飛び出たクリームに子どもたちも大喜び。携帯にも便利なのも嬉しいかぎりです。

ワンポイントアドバイス

暑い日に冷えたドリンクを飲むためには、多少の手間をかける価値があります。クーラーバックがなければ、氷を入れたフリーザーバッグをいくつかバスケットに入れておきましょう。

また、空の袋を何枚か持って行くことを忘れずに。1枚はゴミ袋に、その他は残った食べ物で持ち帰りたい物を入れるために使います。当たり前のようですが、こういう単純なことこそ見落としがちなのです。


ピクニックに使った食器の汚れはスプレーするだけでキレイに!
ジョイ ミラクル・クリーン 泡スプレー
ジョイ ミラクル・クリーン 泡スプレー
クチコミ★★★★★
とてもいいです! 油汚れに強いですねー! 洗いにくい水筒もキレイに落ちて家族でびっくりしてます!
オンラインストアでチェック
  • LOHACO
  • amazon
  • 楽天

マイレピ
マイレピとは?
P&Gが提供する女性の為のライフスタイルサイト。日々の生活をもっと楽しくするための情報や、P&G製品のプレゼントやおトクなお買いもの情報も満載。新規会員登録は無料、今すぐ登録!
0

コメントを投稿しよう!(投稿にはログインが必要です。会員でない方は今すぐ登録しよう!)

今、あなたにオススメ

Cookie Consent