MyRepi Logo

セーター・ニットの干し方のコツ

セーター・ニットの干し方のコツ

秋冬のワードローブに欠かせないセーターやニット類ですが、洗濯時の傷みや型崩れが心配という方も多いのでは?型崩れ対策は洗濯方法も大切ですが、干し方も気が抜けない重要なポイント!ちょっとした工夫で型崩れを防げる干し方を覚えておきましょう。

セーター・ニットの正しい洗濯のコツを覚えればラクちん

まずは洗濯表示マークをチェック!

セーターやニット類は、素材によっては家庭で洗えないものもあるので、まずは洗濯表示マークを確認しましょう。 「ドライクリーニング」記号と一緒に、「手洗い」「洗濯機洗い」などの記号が表示されているものは、家庭での洗濯が可能です。洗濯機・手洗いのどちらにしても、洗濯洗剤は、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使いましょう。

洗濯機で洗う場合は、洗濯ネットを上手に使って

洗濯機によって名称は異なりますが、ドライ用の専用コースを利用して、傷みや型崩れ防止に役立つ「洗濯ネット」を使うのがおすすめです。
<POINT>

  • 洗濯ネットの大きさは、衣類を二つ折りにしてちょうど収まるサイズを目安に。中に入れるものに対してネットが大きすぎるとネット内で衣類が動き回り逆にシワの原因になります。

  • ネットに入れる際は汚れがひどい部分を表にし、1・2枚だけにしましょう。たくさん詰め込みすぎると、汚れ落ちが悪くなります。

手洗いの場合は、沈める&浮かす洗いで

1枚だけサッと洗いたい場合は、洗い桶などでの手洗いがラクちん。ぬるま湯におしゃれ着用洗剤を入れ、液の中に衣類を押し沈めたら、次に衣類の下に手を入れ浮き上がらせます。これを繰り返すことで、繊維の奥までしっかりと洗剤液を染み渡らせて汚れを落とせます。

<POINT>

  • 仕上げは洗濯機の脱水を利用。ただし、長時間かけるとシワの原因になるので、30秒~1分間くらいの短めで。。


※家庭での洗濯では、皮脂汚れや化粧品の汚れが残る可能性が高いので、定期的にクリーニング店を利用して汚れをスッキリ落としましょう。


>続いては、セーター・ニットの型崩れを防ぐ干し方をチェック!

> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック