ぬいぐるみをふわふわに洗い上げる洗濯方法

ぬいぐるみをふわふわに洗い上げる洗濯方法
0

小さなお子さんのいらっしゃるご家庭では、お気に入りのぬいぐるみの汚れが気になりますよね。清潔に保ちたいけれど、洗っても大丈夫?と迷ったときのためのお手入れの方法をご紹介します。

水洗いOKなら自宅でも洗濯が可能!

水洗いOKなら自宅でも洗濯が可能

ぬいぐるみは単なる汚れだけでなく、ダニやカビの温床になっていることがあるので、清潔第一!ぬいぐるみも素材によっては家庭で洗うことが可能です。

<ぬいぐるみの洗濯のポイント>

  • まずは水洗いができるかどうか、洗濯絵表示を確認し、分からなければメーカーなどに問い合わせしてみましょう。
  • ぬいぐるみの中に入っている素材にもよりますが、ポリエステルやパイプ、ビーズなどは、つけ置き洗いや優しく押し洗いすれば、きれいになります。
  • 洗濯機OKマークがついていれば、洗濯ネットに入れて、洗濯機の「手洗い」または「ドラクリーニング」モードで洗っても構いません。

<POINT>

  • 敏感肌のお子さんや、肌がデリケートな赤ちゃんがよく触れるぬいぐるみだけに、使用する洗剤は、蛍光剤や漂白剤、着色料が無添加のものだと安心ですね。また、素材によっては、おしゃれ着用洗剤もオススメ。
  • 洗えない素材の場合は、ファブリーズなどで消臭・防菌を。ダニやカビを防ぐために、ふとんや枕と同様、風通しのよい場所で日光にさらすとよいでしょう。

ふわふわ仕上げに欠かせない 柔軟剤の正しい使い方

柔軟剤の正しい使い方

洗濯物をふわふわに洗い上げるのに、欠かせない柔軟剤。界面活性剤が衣類の表面に膜を作ることで、生地を柔らかく仕上げていきます。
お子さんが大好きなぬいぐるみを長く愛用できるよう、正しく使って活用するのがオススメです。

<柔軟剤の効果>

  • 生地を柔らかく仕上げ、ふんわりと肌触りをよくします。
  • 静電気の発生を防いだり、ピリング(毛玉)の発生を防ぐ役割があります。
  • 静電気や摩擦による毛玉や黒ずみをできにくくします。

<柔軟剤の使い方ポイント>

  • 柔軟剤は最後のすすぎに入れ、ぬいぐるみに柔軟剤をしっかりとつけるために、液を適度にかき回しましょう。
  • お風呂の残り湯、特に入浴剤を入れたお湯を使うのもタブーです。
    入浴剤の色が付くことがあるので、洗う時は残り湯を使っても、柔軟剤を入れる最後のすすぎだけは水道水を使いましょう
  • 洗剤と同じく、敏感肌のお子さんや赤ちゃんが触れるぬいぐるみには、肌にやさしいものを選ぶのがオススメです。

「しっかり落とす」+「肌にやさしい」 無添加洗剤
衣料用洗剤 さらさ
オンラインストアでチェック
  • LOHACO
  • amazon
  • 楽天

羽毛のような軽い肌ざわり「思いやり」柔軟剤
さらさ 柔軟剤
オンラインストアでチェック
  • LOHACO
  • amazon
  • 楽天

おしゃれ着をおうちで洗いたいときに
ボールド 香りのおしゃれ着洗剤
ボールド 香りのおしゃれ着洗剤
オンラインストアでチェック
  • LOHACO
  • amazon
  • 楽天
0

コメントを投稿しよう!(投稿にはログインが必要です。会員でない方は今すぐ登録しよう!)

今、あなたにオススメ