MyRepi Logo

家庭で洗える!枕の洗い方

家庭で洗える!枕の洗い方

枕カバーを頻繁に交換していても、ニオイが取れない気がする…。直接肌に触れるものだけに、汗や皮脂、洗髪料などがカバーを通して枕そのものに染み込んでしまっている可能性が…。枕の中の素材によっては、洗っても大丈夫なものも。定期的に洗えば、ニオイや汚れも解消して快眠にもつながるはず!

枕は雑菌の温床!? 頭皮トラブルの原因にも!

毎日1日の1/3近くの時間、頭皮に接している枕。寝汗や皮脂は、カバーを通して徐々に枕の中にまで染み込み、汚れが蓄積されている可能性が大!しかも、普段使用しない時間は、湿気の多い押入れに収納していることが多いため、皮脂や汗をエサにしてダニや雑菌、ニオイ菌などが繁殖しやすい環境に。頭皮のニキビや抜け毛などのトラブルの原因にもなりかねません。

あなたの枕は洗える?
まずは枕の中身をチェック!


<洗える素材はこちら>

ポリエステルのわた
枕に多く使われている、人口繊維でわたのようにふわふわさせた素材。水洗いできないものもあるので、洗濯絵表示をチェックしましょう。洗濯絵表示で洗えない場合は、天日干しで「日光消毒」がおすすめ。

ビーズ
一部、洗えないものもあるので、洗濯絵表示を確認しましょう。一般的に細かいビーズは水分をたくさん吸収して乾きにくいので、水洗いには不向きとされています。中が空洞になっていて、弾力性や耐久性に優れたマルコビーズは水洗いが可能です。
ビーズやパイプなどが取り出せる場合は全部出して、ザルなどに移して水洗いすると簡単。その後、水分を切り、風通しの良いところで乾かします。この時、パイプの中の水分を完全に乾かすことが大切です。

パイプ
ストローのような筒状のものを細かく切ったパイプは、耐久性や通気性が高い素材で、水洗いが可能です。繰り返し洗っても劣化しにくいため、洗濯に適しています。
※低反発枕によく使われているウレタン素材や、そばがらは残念ながら洗濯ができません。 羽毛も原則、おうち洗いは不可。洗いたい時は、クリーニング店にまかせるのがベターです。


続いては、正しい枕の洗い方をチェック!

クチコミ
繊維を傷めないので安心して洗濯できます。香りが感じられてやさしい洗い上がりになります。
> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック

クチコミ
特に除菌力・防臭力は最高です! お布団、衣類、お部屋の消臭、ペットの衛生管理に全て使っております。
> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック