MyRepi Logo

ポリエステル衣類の正しい洗濯方法

ポリエステル衣類の正しい洗濯方法

ブラウスをはじめ多くの衣類に使われているポリエステルは、型崩れしにくくシワになりにくい上に、洗濯のしやすさも嬉しい優秀素材です。気軽に扱える素材だけに、自己流で洗濯していることが多いですが、もっとキレイに仕上げる洗濯方法を覚えてみては?

中には洗濯機が使えないデリケートなタイプもあるので、思わぬ失敗をしないために、ポリエステル素材の扱い方を見直してみましょう!

ポリエステルの特徴は?

ポリエステルは合成繊維の一種で、その扱いやすさから多くの衣料品に使われています。洗濯をする際も、素材の特徴を覚えておくと失敗をせずにすむはずです。

  • 型崩れしにくくシワになりにくい(アイロンがけ不要)

  • 合成繊維の中で、耐久性が高く、アクリルやナイロンなどと比べて熱や摩擦に強い

  • 吸水性が低いので、乾きやすく、洗濯しやすい

  • 軽くて丈夫

※注意すべき点

  • 汚れが溜まりやすく、黒ずみしやすい

  • 毛玉ができやすい

  • 静電気を起こしやすい

ポリエステルの特徴は?

まずは洗濯絵表示の確認を

ポリエステルは、概ね家庭での洗濯が可能なはずですが、念のため絵表示で「洗濯洗い」「手洗い」マークが付いていることを確認してから洗いましょう。最近は、ポリエステルでも「水洗いNG」のものもあるので、「ポリエステルだから大丈夫」という思い込みは厳禁です!
また、洗剤の種類にも要注意。ポリエステルは強い素材なので、基本は洗浄力の高い弱アルカリ性の洗剤で洗えますが、ビーズなどの装飾が付いた場合はおしゃれ着用中性洗剤の表示が書かれていることもあります。

シミや部分汚れは洗濯前に処理を

シミや、襟・袖などに汚れがある場合は、洗濯をする前に、下処理で除去しておきましょう。シミは、汚れの種類に合わせてシミ取りの処理を行います。

※シミの取り方はこちら参照

部分汚れは、洗剤原液を直接つけて軽くもみ洗いをしておきます。これらの下処理の際、色落ちが気になる場合は、一緒に色落ちチェックをしておくのもよいでしょう。

ポリエステルのブラウスの洗濯方法!

クチコミ
綺麗に汚れが落ちるし、臭いも残らず愛用しています。洗濯後も、すっきりとした香りが続くので気分も良いです。
> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック

クチコミ
香りもいいし、私は手洗いに使うのですが、少しの量でけっこうたくさん洗えます。それが素晴らしいです! 仕上がりも香りが残って、やわらかくて最高です。
> 製品詳細・クチコミをみる
オンラインストアでチェック