Skip to main content
サウナはエンタメの時代に!?アウフグースを徹底解説

サウナを楽しむ人が増えてきて、普通のサウナに満足できなくなってきた方もいらっしゃいます。アウフグースは熱波師によるパフォーマンスでもはやエンタメのひとつ。

今回はサウナが大好きでサウナブランドを立ち上げているラブサウナーさんよりアウフグースの魅力を聞いてみました。これを読めばあなたもきっとアウフグースを体験したくなるはず!

<目次>

  1. アウフグースとは?

  2. アウフグースにはどんな魅力があるの?

  3. ラブサウナーさんが語る!思い出に残るアウフグース体験

  4. 【ラブサウナーさん流】アウフグースの入り方

  5. もっとサウナを楽しむヒント

アウフグースとは?

アウフグースとは、ロウリュを行った後立ち昇った蒸気をあおぐこと

アウフグースとは、ロウリュ(アロマストーンにアロマ水などをかけて水蒸気を発生させること)を行った後、立ち昇った蒸気をあおぐことを言います。

アウフグースはドイツ発祥ですが、日本でもアウフグースを楽しむ方が増えてきました。タオルやうちわで蒸気をあおぐ方は熱波師と呼ばれ、あおぐパフォーマンスはエンターテインメントとしても人気です。

アウフグースにはどんな魅力があるの?

アウフグースにはどんな魅力があるの?

アウフグースを楽しめる施設が増えてきましたが、アウフグースにはどんな魅力があるのでしょうか? さっそくラブサウナーさんに聞いてみました。

水風呂と外気浴がいつもより気持ちよく感じられたり、ご飯も美味しく感じられたり、よく眠れたら自然とお肌の調子も良くなっていったり……、いつものサウナが更に楽しく快適になります。

自分が好きな熱波師さんを見つけて、熱波師さんを応援するのもとても楽しいですよ。その話題からサウナ好き仲間の輪が広がること間違いなしです。

ラブサウナーさんが語る!初めてのアウフグース・印象に残るアウフグース

目の前でタオルを振り下ろされたら、ぶわっと全身を駆け抜けていく熱と香りたち。身体を包み込んでくれる余韻が気持ち良かったのを覚えています。

サウナ室のコンディションがそれぞれ違うように、きっとあおぐ人によって色々違うだろうなと思い、自然とプロ熱波師さんのイベントに行きたいなと思うようになりました。

どんなイベントなのか全く想像できなくて、周りの人に聞いてみながら思い切って体験してみたのですが、これが「サいこー!」でした。

場を和ますトーク(口上)から、ロウリュに使うアロマ選び、ロウリュの仕方、自分(熱波師)の魅せ方、音楽に合わせてタオルで風を送る技術、お客様への気遣いはさすがプロだなぁ……と感動。安心して風や香りを感じることに集中できました。

笑いがあったり参加者の皆さんと手拍子したりなど、サウナで一体感も感じられて心地よかったです。

イベントは「混むから楽しめないかも」「ととのわないかも」とか思っていた過去の自分に、さっさと行ったほうが良いと言いたいです(笑)。

1人で入るサウナも好きだけど、アウフグースを体験することで、みんなと感動を共有できるイベントの良さにも気づけました。

【ラブサウナーさん流】アウフグースの入り方

アウフグースのイベントの時はしっかり水分を摂ることが大切

参加する際に気をつけていることは、混むだろうと想定して手早くシャワーを浴び、その後ゆっくりお風呂や塩サウナなどに入って自分時間を過ごせるように計画を立てておくこと。そうすると余裕を持ってイベントを楽しむことができます。

また、アウフグースのイベントの時は水分をしっかり摂るようにしています。熱くなったら外に出ても大丈夫。周りに合わせず無理しないことが大事です。

あとは、サウナ室でのマナーを守って、みんなとそれぞれの時間を楽しみます!

それからサウナ専門のサイトやSNSで過去の参加者の方のクチコミも確認していますね。

アウトドアイベントの時は、水着だけではなくサンダルやタオルなど必要なアイテムがないかも必ず確認しましょう。

もっとサウナを楽しむためのヒント

サウナを何回か通っている方に、アウフグースのように更にサウナを楽しんでいただけるようなヒントをラブサウナーさんに伺いました。

髪や頭を熱から守るサウナハットや、軽くて薄いのに大量の汗を拭ってくれるタオルはあると便利です。

水着着用の場合、水着に金具が付いているタイプは注意が必要。サウナ中に金具部分が熱くなるので、付いていないもの、もしくは取り外すことをおすすめします。

知っておくと楽しいサウナ用語

サウナ用語の一部を紹介します。ぜひ使ってみてくださいね。









ラブサウナ―さん




この記事を読んだ人にはこちらの記事もおすすめ!

「ととのう」のは断然ロウリュ!サウナ好きがロウリュにハマる理由とは?

アーユルヴェーダマスターが教える!この夏 “毒出し美人”になる方法

汗をかくほどキレイになる!新陳代謝を味方につける3つの習慣

記事カテゴリー

サイトTOP